2014年01月29日

まだわからないこと

小学生の頃から、悲しい話が好きだった。

どうしてそうなのか、どうしてもわからない。
子供向けアニメを見ていても、ヒーローよりは暗い影のあるサブキャラに惹かれた。
ウルトラマンなら実相寺昭雄監督の作品が好きだった。

「怪奇大作戦」を見た時、このシリーズは完璧だと思った。
ほとんどがアンハッピーエンドで、見終わったあとに重いものが心に残った。
10才にも満たない年齢の時である。

その後、「木枯し紋次郎」シリーズに出会い、やはり強烈に惹かれた。
この小説もテレビドラマもオール・アンハッピーエンドである。
「傷だらけの天使」もとても好きな話だった。

見終わった後に気持ちの中に重いものが残る。
そのことに感動してしまう自分の性格。
その根源がどうしてもわからない。
トラウマのような幼少期の出来事などない。

哀しみ。
悲しさ。
そこにあるものに、なにか真実を見ているのだろう。
今でも、自分が不思議である。

kishidashin01 at 18:57│clip!日常