2013年04月17日

小野島さんから取材

非常階段のCDボックス「極悪の教典」がテイチクエンタテインメントから6月に発売になることになり、そのライナーを音楽評論家の小野島大さんに書いてもらうことになって、そのためのインタビューを渋谷で行った。

当時のことはもちろんだけれども、非常階段そのものへのインタビュー内容となり、話しているうちにこちらもどういう意識で当時やっていたのかをどんどん思い出して、ずいぶん正直に話したと思う。
さすが小野島さんだなあ。引き出すの、うまいなあ。

ライナーノーツ、楽しみです!

kishidashin01 at 23:59│clip!音楽