2011年07月25日

命日

今日は林直人くんの8回目の命日だった。

林くんは関西パンクシーン、アンダーグラウンドロックシーンのゴッドファーザー的な存在の人物で、1978年に関西初のパンクのミニコミ誌を創刊したり、大阪で最初のパンクギグを開催。1979年以降、その後の関西のパンクやハードコアなどの初期のライブをブッキングしたり、バンドを育てたりした立て役者である。インディーズレーベルも創立、私とアルケミーレコードを立ち上げたのは1984年だった。

1993年に自らのバンド・アウシュビッツを解散してからは一線から身を引いていたが、2003年に癌で亡くなる直前はソロやセッションなどでシーンに少し帰ってきていた時期があった。

林くんに世話になった人間は多い。
もちろんトラブル(多くは酒の上での)もあったが、林くんを悪く言う人はそんなには多くない。
関西の音楽シーンの基礎を作った人物、という肩書きはあまりにも大きい。

今日は彼の墓参ということで四天王寺に出向いた。
墓を前に少し話をしたよ。

心斎橋のライブハウスで追悼イベントも行われた。

心がちょっと、さわいだ。


kishidashin01 at 23:59│clip!日常