2010年02月27日

「ほたか」

穂高亜希子さんのホームページが更新されている。


読んでいただければわかるが、ライブスケジュールの掲載する合間に、出演者のこと、出演者と自分とのこと、自分自身のことが彼女自身の等身大の言葉で書かれている。

もちろん穂高さんは自分の文章力のつたなさや、自分自身への所在なさなどを気にしているのは行間から読みとれるが、それでもこういった自分との対峙の仕方、歌への思い、取り組み方は、同じく歌を歌おうとしている若者へのよき指針になると思う。

歌はテクニックではない。さりとて、思いだけではない。
誰かに届けることに、歌が歌である輝きがあるのだ。

穂高さんは自然にそれを知ったのではないかな。
だから悩み、止めようとも思い、それでも歌おうとするのだろう。


彼女のページの最下部に、カエルさんの写真と「ほたか」とひらがなで記載がある。これを見るたびになにか救われたような気持ちになり、穂高さんを信じられる、そんなふうに思えるのである。

がんばれ、穂高さん。そして来週の金曜日は、お互いにいいライブをしよう。





kishidashin01 at 10:34│clip!音楽