2009年12月31日

it’s all for the sake of future days

10代の頃は、自分が50才まで、21世紀まで生きているとは夢にも思わなかった。どうせ見捨てた人生、生きていたっておもしろいことなんてあるはずがない、そもそも自分など生きている価値などない、さっさと消えろ自分、短く凄惨に生きるのだと考えていた。

ずいぶん勉強して、生きることとはなにか、死ぬこととはなにか、価値や意味という言葉のもつ意味のなさに気がついたのは、20代半ばだった。今の占い/断易の師匠のお母様に25才の時に出会ったのが人生の転機だったように思う。

それから25年、たった25年かもう25年か。いや、たった25年だろう。でも、生きている価値などないと思ったことも、その後に思ったことも、それはそれで自分の中に腑に落ちている。20才でわかることもあれば50年生きてみないとわからないことも、ある。

そして未来とは、自分の未来だけでなく、自分の死後のこと、人なら自分の子供の先、孫の世代のことを十分に考える必要がある。
音楽なら、自分が演奏すること、それがその先に伝わること、そして21世紀後半とか22世紀にどう残していくか、どう伝えていくのかを考えるのだ。

CDパッケージが売れないとか、ライブハウスにお客さんが来ないとか、当面の問題はそういったことかもしれないが、本当はもっと先を目指すために今しなくてはいけないことがあるはずだ。


it’s all for the sake of future days.


2010年に自分が生きているなんて思っていなかったのだから、これは余録の人生のようなものだ。そこでもう少しだけしたいことをさせてもらうよ。
2010年もよろしくおつきあいください。


kishidashin01 at 12:52│clip!日常