2009年12月30日

モヤサマ2時間半

モヤモヤさまぁ〜ずというテレビ番組をおしえてくれたのは、カード関連のSさんである。ローカルな町に出かけ、決していけてるとは言いがたいお店や場所を訪れて、脱力感的なトークと笑いで進行する、本当にどうでもよさげな番組だが、その時間の流れがなんとなくおかしく、毎回ではないが、ついつい見てしまう。

今日は2時間半にわたる年末特番だったが、内容はいつものノリが長くなっただけで、苦笑しているうちになんとなく最後まで見てしまった。
私は普段はめったにテレビは見ない。
テレビを2時間以上見るなんて、たぶん今年初めてだろう。

似た番組にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」があるが、あちらは田舎の人のよいおじちゃんおばちゃんの人情味あふれるので、つい涙ぐんでしまう。

人間性善説というものを、こういったテレビ番組で信じること。あんがい日本の若者にはこの手のやり方が一番浸透するのかもしれないなどと思ってしまう。


私のブログだけを読んでいてライブを見たことがない人も多いに違いない。けっこういい人とか思っていて、地獄のようなライブを見て驚く人もいるでしょうね。(笑)
JOJO広重性善説とか、誰かとなえてくれますかね。(笑)


kishidashin01 at 22:05│clip!日常