2009年08月23日

疾走する1日

昨夜の非常階段の興奮さめやらず、なんてことはなく、帰宅後はグースカ寝ていました。起きたら10時半!寝過ぎました。。。

昨夜のライブレポ、見に来てくださった方の詳しくて親切に書いてくださっているものを発見、紹介しますね。

池谷石黒ウェブログ

来場者には徳島から小西さんがおいでになっていたり、高額チャージにもかかわらず、本当に多数来場ありがとうございました。無事坂田さんらにもギャラも払え、東京陣にも交通費も払えて、よかった。

おとといまで東京にいたこともあり、東京ではおもしろそうなミニコミをもらったり、ここ数日でたくさんの音源をもらったりしているのですが、今日は留守中のたまった仕事と占いの仕事をこなすだけで忙殺されました。明日からゆっくり読みます、聞きます。

東京では穂高亜希子さんとゆっくり話せたのが嬉しかったな。
穂高さんは"なんのこっちゃい西山さん"のイチオシ女性シンガーで、アップリンクファクトリーのトークイベント会場の廊下でついに穂高・西山・広重の3者が合体、どうみてもいたいけな少女があやしいおっさんふたりに絡まれている図にしか見えなかったのがおかしかったです。(笑)
穂高さん、このふたりが応援したらもう恐いものなしです。がんばってください。

アップリンクファクトリーの近くのブックオフで飯田史彦関連の文庫を数冊購入。
東京滞在中にたっぷり読ませていただきました。
「生きがいの本質」はなかでもなかなかよかったです。生きる秘訣、とてもいいエピソードがありました。自殺を考えている人には「生きがいの創造供廚鬚すすめしましたが、生きるかいのなさを日々感じている人にはこちらのほうが元気になるかも。
まあちょっと特殊なので、万人にはすすめませんが。
生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか (PHP文庫)生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか (PHP文庫)
著者:飯田 史彦
販売元:PHP研究所
発売日:2001-08
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


kishidashin01 at 23:59│clip!日常