2009年07月30日

オーロラの救世主

あのー、絶対にわからないと思います。
ええ、わかってもらわなくても、いいです。
なぜ、JOJO広重がE.L.O.なのか。。。


フェイス・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)フェイス・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)
アーティスト:エレクトリック・ライト・オーケストラ
販売元:Sony Music Direct
発売日:2006-09-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


このアルバム、好きなんですよね。
もちろん発表当時に聞きました。

オーケストレーションがほどこされたプログレバンド「エレクトリック・ライト・オーケストラ」は、中学生〜高校生時代、私のまわりでは不評でした。私も初期の作品はイマイチ好きになれなかったのですが、この「フェイス・ザ・ミュージック」で一気に理解できました。ああ、基本はとてもピュアなポップス・バンドなんだと。
いや、これはビートルズと同じタイプの音楽なんだと、わかったんですねえ。
よくよくメンバーを見れば元ザ・ムーブじゃないかと。

しかしその後、ディスコになったり「ザナドゥ」になったり、世界でバカ売れするバンドになるとは夢にも思わなかったな。もちろんそんな時期にはもう聞いていなかったけれど、この「フェイス・ザ・ミュージック」は今でも好きなアルバムだ。

E.L.O.の話をしたミュージシャン仲間はほとんどいないな。
NASHIという、ハードコアパンクの元祖みたいなバンドを、後にラフィン・ノーズに加入するベースのPONと一緒にやっていた、KOSHIくんとはこのE.L.O.の音楽的センスについて話した記憶がある。


しかしこれ、ヘンなジャケットですね。
電気イスじゃん!


kishidashin01 at 23:59│clip!音楽