2009年07月29日

ゴースンの一生

東京から大急ぎで大阪に戻って、スタジオでほぶらきんの未発表ライブテイク「ゴースンの一生」のマスタリング作業。

これは1982年12月29日、大阪・道頓堀のライブハウス「Studio One」(旧・創造道場)で行われた『今年の締めくくり的ファスティバル』での、ほぶらきんのボーカリスト・森下太郎のソロライブである。

もちろん「ゴースンの一生」のスタジオ録音テイクは弊社発売のCD「ほぶらきん」に収録されていることから、その抱腹絶倒のロックオペラの存在はみなさんご存じだろうが、このライブテイクはスタジオ録音される以前のテイク、ということになる。

もちろん狂気の世界にも突入したかのような森下くんの演奏&歌&絶叫もすごいが、大いに笑い、ヤジを飛ばし、盛り上がりに盛り上がっている観客の様子も凄い。アンコールはあの名曲「秘密兵器コンパニオン」で、その日初めて聞いたに違いない観客が森下くんといっしょに合唱までしている様には感動すら覚える。

このライブの現場に居合わせたほぶらきんファンは本当に幸せだ。
インディーズの至福の瞬間とは、このライブのことだろう。

当時の写真なども掲載できる予定です。ブックレットもお楽しみに。
来月末くらいには発売できると思います。
電気グルーヴの石野卓球さん、また宣伝してくださいね。


kishidashin01 at 23:36│clip!ライブ