2009年07月28日

雑誌の行方

玩具メーカーで会議。

もちろんいろいろな話をするのだけれど、雑誌が売れていないという話題に。
我々に関係する音楽誌やカルチャー誌のみならず、多くの雑誌がその存在意義を問われている現実をかいま見る。

女性はまだファッション誌は買うのかな?
おじさんは「週刊○○○」みたいな大衆誌は買っているのだろうか。
若者、特に男性は、まるで雑誌などは買わないのかもしれないね。

単行本はどうなのかな。

本というものの行方は、やはり気になる。

平山蘆江の『蘆江怪談集』 が文庫化が進んでいる様子。
蘆江の奇縁
ぜひ実現して欲しい。そして、早く読みたい。



kishidashin01 at 20:32│clip!読書