2009年06月28日

ドイツ・最終日

今回の対バンでユニークだったのは、27日に対バンした、フランスからきたバンド「MINAMATA」でした。

もちろん「水俣」のことで、18才の時にニュースで水俣病の写真を見て衝撃をうけ、この社会的、経済的事件についてのことがリーダーのライフワークになったというこのバンド、「水俣」と日本語で書いたTシャツを着たり、ステージでは水俣関連の写真をコラージュしたインダストリアルな映像&演奏をしているみたいだが、日本では演奏をしたことがないという。

水俣市にも手紙を書き、招待してくれるように要請したらしいが返事はなかったとのこと。彼らは日本でライブをするのが夢だと語っていたが、おおよそ日本の政府関係者や芸術関係者が興味を持ちそうな内容ではないというのが、なんだかすごいです。
そしてこのバンドを、もう25年も演っているという。ええー。

ライブを少し見ましたが、内容は。。。。いまいちでした、はい。

ただ、もう日本ですら過去の事件として、若者は忘れつつある水俣病のことを、こんな異国で真剣に考えている人がいるというのは、なんだか意味があるようにも思えますね。


早朝の空港にヨークに送ってもらって、お別れ。
マニさんもハイデルベルグに帰るという。またね。お世話になりました。


kishidashin01 at 23:59│clip!