2009年04月22日

やくざなコミューン

今日はなんばベアーズに「犬餓村」を見に行った。

なんて書くと、昨日広重さんはブログにライブのことは書かないと言ったのに、と言われそう。
ご意見ある方はメールを、と書きましたら、ちゃんとメールきましたよ。
いわく、ライブのレポをブログに書いてほしい、読んでいるのは少数ではないと思う、楽しみにしているというあたたかいお言葉だった。

数日前にレコード屋の末路のようなことを書いたことも関係するのだけれど、バンドにとってライブというものが以前にもまして非常に重要なアピールの場となり、物販会場としての意味合いもましている。
そして私も、このブログを読んでいるみなさんには、できるだけバンドのライブを見に足を運んでほしいと思っている。

ライブのことを書くことが、そのバンドを見に行こうというきっかけになれば嬉しいし、ライブレポを読むだけでなんだかライブを見た気になってしまうのではなんだか申し訳ない気がする。

犬餓村は犬風くんがギター&ボーカル、ノイズわかめのdsのアイガちゃんがドラム、猿股茸美都子の村井くんがベースというトリオだが、やさぐれた雰囲気プンプンのサイケ&ブルースロックで最高にいかしていた。村八分が花電車と結婚した感じ、と書けば少しは雰囲気が伝わるだろうか。でももっともっと奥は深そうな気がする。どんどん新曲を作っていってください。そのうちアルバム出せば、きっと海外でも高い評価を受けるバンドになると思う。

しっかし、アイガちゃんのドラムはなんてアシッドなんだ。東京にいればもうひっぱりだこのドラマーだろう。東京でサイケバンドをやっているような連中が最も探しているタイプの女性ドラマーだと思います。天才だね、君は。


レコーディングだの、ライブだの、CDだの、ショップだの、音楽雑誌だのと関わっていると、どんどんいろいろな事を考えてしまって、すかっとしたひとつの答えなどなかなか出てこない。
そういう時は正解でもあり、不正解でもあるということだ。
やりたいことばかりやって、やりたいことだけをしてきたようなやつらに、自由を語る資格などない。お前らの言う不自由さなど、たかがワガママだ。
音楽の自由について、もっともっと考える必要がある。



kishidashin01 at 23:38│clip!ライブ