2009年02月22日

福岡でライブ・埋火レコ発最終日

福岡へ移動。

今回ライブをする「四次元」という小屋は『ああ、大阪にこんなライブハウスがあればいいな』と思えるような、ちょうど我々のような音楽にマッチするサイズの、そして昨日に引き続き、とても音の良い小屋でした。
まだ開店1年たっていないということでしたが、きっと素晴らしい個性のある小屋になると思います。がんばってください。

<ミラーボールズ>
あ、変わってきているな、と1曲目から感心。以前はもっとピリピリした、触れば切れる/壊れるようなあやうさがあったのに、とてもエロかわいい昭和のセンスをいかしながら、誰もが実現できなかった世界を見事に完成させている。これはもうワンステップ越えたミラーボールズだと思うなあ。素晴らしいよ。

<JOJO広重>
7年くらい前に福岡で演奏した時、私は最高に機嫌が悪く、もうこれはいくらなんでもというくらいに自分でもひどい悪態を言葉と音でつきたおしたライブだった。今日の小屋のスタッフはその時の方、埋火の見汐さんはその時に私のライブを初体験だったとあって、ああこれはちゃんとその時の落とし前をつけなくてはと思っていまして、えーっと、ちゃんと演奏しました。(笑)
あふりらんぽのピカチュウも見に来てくれていたね。ありがとうね。

<埋火>
レコ発は東京、大阪に続いて3回目だが、この日が一番演奏が安定していたように思いました。「わたしのふね」という曲はライブで聞くたびに好きになっていくのだけれど、なぜこの曲名をアルバムタイトルにしたのか、わかった気がします。
素晴らしい演奏をありがとう。君たちは素晴らしいミュージシャンだよ。


打ち上げも楽しかったね。四次元のFさん、見汐さんと特にいろいろたくさん話せた。シガちゃんのツマヨウジ攻撃も見たかったけれど本日はおとなしくて見れず。(笑)

Fさんにいくつか話したけれど、あとひとつ伝え忘れた。
”どうしても選択で迷ったら、私なら自分が損をする方を選ぶようにしています。”
アドバイスになるかどうかわからないけれど、見汐さん、また彼女に伝えておいてね。

ありがとう福岡。あたたかい町でした。
また、呼んでください。



kishidashin01 at 23:59│clip!ライブ