2008年10月24日

青空侍

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」をDVDで見る。

「クレヨンしんちゃん」というだけで嫌悪感を見せる人がほとんどで、以前「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」はいい映画だよ、と私が口にして、じゃあ見てみようとした知人はひとりもいなかった。

「オトナ帝国」は最後に自殺をほのめかす相手に「ずるいぞ!」としんちゃんが叫ぶ。こんなふうに主人公の一言で自殺の意味を完膚無きまでに言い表した子供向け映画はないのではないか。いや、大人向け映画でも、そうそうない。

しんちゃんの映画で秀逸なのはもう1本あって、それがこの「戦国大合戦」だという。なかなか見る機会がなかったが、ようやくレンタルDVDで見れた。

そうだなあ、やはり「オトナ帝国」のほうが作品としては上だけど、監督がやりたかったことはこっちの「戦国大合戦」のほうかもしれない。
「オトナ帝国」で自殺を否定しながら、この「戦国大合戦」はやがてくる明確な”死”を、明るく、せつなく、子供にもわかる作品にした功績は大きいと思う。
悲恋ものでもあるしね。

「青空侍」は監督がぜひこの映画につけたかったタイトルだそうだ。
なんだか、わかる気がする。

私が小学生でこの映画をみたら、生涯忘れないんじゃないかなあ。

お子さんのいる方、クレヨンしんちゃんというだけで毛嫌いしないで、1度見てみてください。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦


kishidashin01 at 23:00│clip!映画