2008年09月29日

探している音楽誌

シンコーミュージックの「THE DIG」の最新号が送られてきた。
ムック THE DIG No.54


実は来月発売の「スタジオヴォイス」にも原稿を書いているが、これは単発の依頼で書いたもので、今のところ連載を持っている音楽誌はこの「THE DIG」だけである。これは季刊なので、年に4本なので、かなり楽だ。

「THE DIG」に書いているのは『こころの歌・最後の歌』の番外編のようなもので、ネットのコラムの調子でなおかつネット版とは中身がだぶらないように、という程度のしばりで、あとは自由に書かせていただいている。過去には「ジョイ・ディビジョン/アンノウン・プレジャーズ」「トッド・ラングレン/ラント:ザ・バラッド・オブ」「ノイ!/2」と書いてきて、今回は「ブライアン・イーノ/ビフォア・アンド・アフター・サイエンス」について書いた。次回は12月下旬発売号ですね。


私はソロも非常階段も含め、アルバムレビューやライブレビューが掲載された音楽雑誌をほとんど残していない。自分が原稿を書いた本、インタビュー掲載誌も手元に残っているのはまれだ。ましてミニコミ類も手元になく、情報誌類だと皆無だろう。もしかしたらアルケミー事務所で一部は保管していてくれているかもしれないが。
なので、何をどう話したかもあらかた覚えていないし、調べ直すすべもない。またライブの記録や演奏曲目、対バン、会場などのデータもほとんどわからない。
私が死んだ後、なにか私についてのデータ的な本でも出そうとするなら、これはなかなかの苦労となるだろう。こういうのは小西さんにやってほしいけど。(笑)

「あの雑誌が手元にあれば」と思うことはほとんどないのだが、唯一、紛失したのを残念に思っている1冊がある。『Direct』という正方形のようなB6変形の音楽誌で、1990年代の末期から2001年くらいまで月刊で発行されていたのではないかと思う。この本の編集者で私に好意的な方がおられ、何度が掲載させてもらった。
その中で、沢口みきちゃんと私とで、渋谷の喫茶店で撮った写真が掲載された号があるのだが、その号が見あたらない。たぶん私のインタビューにみきちゃんが若干コメントを加えたような記事だったと思うが、がらんと広い喫茶店に私がスーツを着ていて、横にみきちゃんが所在無げに座っている写真が併せて掲載されていたはず。この写真がいたく気に入っていて、もう1度見てみたいのだが、どうしたものかこの号が手元にないのである。おそらく2000年の秋くらいの号だったと思うが、なんせ記憶はあいまいだ。

もしお持ちの方がおられましたら、本誌を見せていただけるか、スキャンデータでも送っていただけたらと思います。


kishidashin01 at 23:21│clip!音楽