2008年07月24日

PC

「パソコンは腹の立つことばかりです」とは徳島の小西さんの名言だが、確かにこれでは機械に不慣れな人では無理ですわなということが多い。

仕事場のPC、メールが送れない状態が2ヶ月続いていたが、ようやく設定のどこがダメだったのかがわかった。
迷惑メール防止のためのメールサーバーの設定の都合で、ポート587の設定と言えば、メーラーを常時使っておられる方ならおわかりでしょう。もちろん送信ポートを25から587にしただけではダメで、もう少し他の設定をいじらなくてはいけないのだが、これでミスってたわけですね、この2ヶ月。いやいや目から鱗でした。


自宅のPCは結局ウインドウズが3回に1回しか起動しなくなり、やがて電源のオンオフを繰り返しているうちにHDDに不良セクタが出来たようで、ウインドウズの修復インストールをせよと表示、で、CDROMから起動するとセットアップを読み込むところでそのまま進まなくなるという始末。HDDのフォーマットもできないし、そもそもHDDの問題なのか、マザーボードの問題なのか、CDROMの問題なのか、ケーブル類の問題なのか、わからなくなってきたので、もうお手上げ>新しく買い換えようという結論になりました。

しかし今はショップメイドのウインドウズ機は安いね。マザー、電源、ケース、メモリ1G、ペンティアムデュアルコアのCPU、DVDROM、250GのSATAHDDで2万円って、利益あるんでしょうか。


kishidashin01 at 20:12│clip!日常