2008年06月20日

想い

ベアーズへ。
来年の1年間通してのライブ企画、ベアーズとしてもおもしろいと思っていただけたようで、内容を少しつめる。ノイズというテーマでどれだけできるかわかりませんが、ちとがんばってみます。

ライブを2本見た。

<道下慎介>
今日はドラムに「怖」のビルさん、ギターにさんましめさばのタケヤリくんをサポートに道下くんのソロ。
アルケミーからのコンピレーションアルバム「ザ・ナイト・ギャラリー」にも収録されている「悲しみの美少年」など5曲、だったかな。道下くんは出会った頃からほとんどかわらないね。
「ザ・ナイト・ギャラリー」は結局アルバム3枚出したけれど、そこに収録された形態で現在も活動をしているバンドは少ない。INISIEの賢太郎くんや竹内くんはどうしているのだろう。元気にしているのだろうか。彼が私や山本精一くんが好きで、たくさん音楽を聞いていて、酔っぱらってはジュンゾくんや川口くんにからんでいたのが、もうずいぶん前のように思える。今でも歌は歌っているだろうか。

<地獄変>
若い。本当に若い。音楽をいっぱい取り込んで、消化も未消化も含めて放出と収束を繰り返すサウンドは、確かに類を見ないものかもしれない。
灰野敬二、ウリ・ジョン・ロート、テリエ・リピダル、パット・メセニー、リッチー・ブラックモアなども頭をよぎる。
ノイズのライブの醍醐味は実は終盤にある。体力も精神力も使い果たしたようなライブの後半の後半あたり、そこに本人の意思とは無関係な音塊が表れるからだ。今夜も一瞬期待させられたが、地獄変くんがそこで演奏を終了してしまい、やや残念。もう10分演奏をしていたら、どうだったろうか。


限界の向こう側に、実はもうひとつ、ある。
それが見えるなら、それでいいよ。



kishidashin01 at 23:59│clip!ライブ