2008年05月31日

みんな消えてしまえばいいのに

昨日は第五列のonnykさんの記事のことを書いたが、第五列のCDはアルケミーから出ている。
社長が出せって言えば出すから

社長は判ってくれない

「社長が出せって言えば出すから」(アルケミー/ARCD-128)が1976-1980年の録音を集めた初期作品集、「社長は判ってくれない」(アルケミー/ARDC-165)が1981-1990年の中期作品集となっている。
アルケミーレコードの数ある「謎の」音源の中でも、もっともヘンテコでおかしくもタチの悪い、つまりは頭がものすごく良いということはものすごく悪いということと似ていることを証明するかのような音群集である。未聴の方はぜひ。
おかげさまで「社長が出せって言えば出すから」はそろそろ在庫がなくなってきました。お早めにどうぞ。

このCDタイトル、もちろん「社長が出せって言えば出すから」は私のソロアルバム「君が死ねって言えば死ぬから」のパロディで、2枚目は「みんな消えてしまえばいいのに」(「みんな死んでしまえばいいのに」)、3作目は「このまま消えてしまいたい」(「このまま死んでしまいたい」)と、各作品のタイトルのパロディになるという話もありましたが、さすがにそうはなりませんでしたね。

「社長は判ってくれない」については科伏さんがコメントしてくれていました。
反応的記憶 @ 第五列 / 社長は判ってくれない


「みんな消えてしまえばいいのに」を思い出した時に、私のこのblogの前の「Jojo広重 Diary」が消えてしまったことを思い出した。
もう今ではこの「JOJO広重ブログ」からお読みいただいている方が大半だと思うのでご存じない方も多いと思うが、2004年11月から2006年11月までの2年間、「Jojo広重 Diary」というブログ風日記をつけていた。2006年で一旦終了し、2007年にこのブログに移行したのだけれど、昨年サーバー(リムネット)のハードディスクのデータが全部消えるという大規模な事故の時に、この日記のデータも全部消えてしまったのである。

日記であったので、何月何日にどこそこでライブしたとか、どこに行ったとかの記録データとして重宝していただけに残念であったが、まあ消えたら消えたでいいやと思っていたら、先日自宅のパソコンが不調になった時、ハードディスクをフォーマットしてOSの再インストールをするためにデータのバックアップ作業していたら、日記部分のバックアップが発見された。

今読み返すと赤面、大馬鹿野郎、恥知らず、矛盾、欺瞞、誇張、個人ネタ、大迷惑など、トホホな部分もたくさんあるが、それだけに初めて読む人はおもしろいかもしれない。
そもそも、自分のしてきたことを隠してもしかたないと思う性分で、例えばアーティストやミュージシャンが自分の若いころの音源を恥ずかしいという理由で再発させなかったりするケースがあるが、私なんかはもう「やってしまったことはしかたない」と思う。人前で演奏したり、誰かに見せることを前提として書いたのであれば、それはもうそういうものなのだ。

ということで、再度サーバー上にアップしてみました。2年分という膨大な量なので、よっぽどヒマな人しか読まないと思いますが、JOJO広重の書く文章に興味がある方はどうぞ閲覧してください。
JOJO広重 Diary
しかし、自分で言うのもなんですが、たまにはいいことも書いてますね。(笑)



kishidashin01 at 22:31│clip!日常