2008年05月28日

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル


どうしようもないほど好き。
そんな恋のお話だが、残念ながら、今回も実らない。

新海誠の作品はこれで3作目を見たが、どの作品にも共通する、10代の失意がある。
失われた十代というべきものかのかどうかはわからないが、今を生きる若い世代の空虚さをちゃんと描いている気がする。


本当に好きな人とは結ばれない。なぜなら本当だから。本気だから。
まあこの人でいいかなと思う、そういう人と結ばれるものなのだろうか。
恋がどんな時代にも儚いのは、そんな現実があるからかもしれない。

一人旅を何度見送ったろうか。
何度、かなわぬ夢を見たろうか。
思いは変わらなくても。それでも。


今夜は夢見るように眠りたい。


kishidashin01 at 23:02│clip!映画