2008年04月28日

歩いて行こう

今までやってきたことをやめることは、実はそんなに難しくない。

多少傷ついたり落ち込んだりするかもしれないし、リスクを背負い込むこともあるかもしれないが、やめることは結局は自分を楽にすることでもある。

やめる時期がきているのにやめないのは、それはそれでおかしいとも言える。
冬服がいくら気に入っていても、春や夏がくれば着替えるだろう。

それに神様は「助かるか助からないか」を見極めてから、「助けるか助けないか」を決める。
神様とはそういうものだ。

でもね。

自分の意志でやめる。
自分の意志で休む。
自分の意志でなにもしない。
それはそれで、けっこうむつかしいことだよ。
自分の意志が試されるからね。
何度も。


一番むつかしいのは継続することであり、一番楽なのも継続することなのだ。
しんどい坂も、登り続ければいつか自然に峠を越える。
上り坂の途中で立ち止まっても、坂は低くなってはくれない。

だから、ゆっくり歩こう。
君には後ろからおしてくれる仲間もいるし、ぼくは先で待っているから。


kishidashin01 at 23:59│clip!日常