2008年04月25日

たまには野球の話を

プロ野球、そろそろ開幕して一ヶ月だが、意外だったり、予想通りだったり。

意外に善戦しているのはパは西武、セはヤクルト。

西武は本体の西武グループが大赤字、本当は球団も手放したいところだが買い手がつかず、松坂をMLBに売却、入ってきた50億円も赤字に吸われてしまい、まともは補強も出来ない上に、年棒の上がってきた和田やカブレラを放出、どう見ても戦力ダウンだが、新外国人ががんばってたり、監督が替わってベテランものいて若手が出るチャンス到来で、チームがリフレッシュした感あり。しかし今のところ首位だが、やがて失速するだろう。最終的には日本ハム、ロッテが出てくるかな。
楽天はチームがまとまってきてこれもよさそう。3位までに入ればクライマックスに出場出来るので、がんばってほしい。
ソフトバンクはけが人多数でちぐはぐな感じ。パウエルの強引な獲得も裏目にでそう。王監督最終年なのに、ちょっと優勝は難しいかな。
蚊帳の外になりそうなオリックス、なんとかくらいついているが、投手のコマ不足はどうしようもない。打線は水物なので打てない時はダメだろう。野茂でもとればよかったのに早々にいらない宣言。放出した選手は移転先のチームで活躍しまくっているだけに、今年も12球団中最低のチームになるのか。来年はオリックスになって20周年、なんとかがんばってほしい。

セは巨人の開幕の負けダッシュがすごかったが、徐々に勝ち星を積み上げている。投手がやや不安だが、坂本など新スターも出てきつつあり、やはり優勝候補。阪神はやや飛ばしすぎか。ヤクルトもやや失速気味で、まあこんなもんかな。広島は予想通りだが、4月25日時点で4勝しかしていない横浜は深刻中の深刻。これまた投手不足、しかも横浜生え抜きのピッチャーはほとんどいないというダメさかげん。
セは選手に金をかけているチーム(巨人、阪神、中日)が強く、金のない3チームは弱いという、本当にマネーゲームの縮図のようで、見ていてあまり楽しくない。巨人に批判的だった阪神だって、他のチームから移籍してきた選手の多いこと多いこと。
平野だってオリックスから来てながら、もう何年も前から阪神の選手だったような笑顔はなんて憎らしいのだ。(笑)

まあどこが勝とうが負けようが、実際はどうでもいいけれども、今年は優勝は「セは阪神、パは日本ハム」と読む。クライマックスで巨人が逆転勝利はあるかも。

監督の途中解任はオリックスと横浜はあるかも。しかしどちらも監督のなり手がいないので、ヘッドコーチの昇格が濃厚かな。

オリックスの清原、中日の立浪、広島の緒方と前田あたりは今年で引退じゃないかな。男の引き際はいったいどうなるのか、そのあたりは楽しみにしている。

今年で広島市民球場はおしまい、来年は新球場に移り、現球場は取り壊される。
広島ファンの方は今年は球場に足を運んでください。
プロ野球の現在使用球場が取り壊されるのはものすごく久しぶりで、これから先は当分ないと思います。



kishidashin01 at 23:59│clip!日常