2007年08月31日

FUTURE IMPERFECT

1982-83年くらいに活動していた枚方のバンド「オーバン」。

そのメンバーだったTくんとは最近はメールのやりとりをしていたが、彼はアフリカのニジェールに赴任していたが、一時帰国しているようで、その合間に会うことになった。

会うのは約4年ぶりか。

彼に頼まれていたルー・リードの音源と、木枯し紋次郎の映像をわたす。

元ほぶらきんのマネージャーにして「ゴースンの一生」をリリースしたオルセンレコードの主幹でもあったSさんも同席。3人で飲みに行く。

オーバンをやっていた頃はまだTくんは高校生だったこと、私はもう忘れていたが、私が彼にスティーブ・ハーレイやガン・クラブをおしえた話など。
また阿木譲の話、SさんとTくんは印刷所でロックマガジンに付録のソノシートを張り付ける作業(アルバイトではもちろんなく、無料奉仕)の時に出会ったことなど。

またSさんからはほぶらきんの「ゴースンの一生」がなぜEPではなくソノシートになったかなどの経緯も聞けた。

Tくんは1982年に門前仲町の私のアパートに泊まりがけで遊びに来たことがある。
帰る朝、門前仲町のミスタードーナツで食事をした。彼も私もそのことはなぜかよく覚えている。


私はもう20年以上も、アルケミーレコード設立以前から、自分の後輩になるバンドたちのめんどうをみたり、かわいがったり、やろうとしていることの応援をしたりしているが、オーバンはそういうふうに接した最初のバンドだと思う。
自分がすすめる音楽をおもしろがってくれたり、私の励ましがバンドによい影響があったり、双方に気持ちが交流するような瞬間を大切にすること。そういう関係はオーバンが最初だったのだ。

その後、ハナタラシの山塚くんや、赤痢やサバートブレイズ、近年ではオシリペンペンズや勝手に応援しているとうめいロボの例を出すまでもなく、20数年間、私はオーバンに接した時と同じく、自分の知っている音楽や経験を伝えたり、応援したりしているのだ。
たぶん今でもTくんに伝えたのと同じく、スティーブ・ハーレイやガン・クラブはいいよ、と、それを知らないミュージシャンには語るだろう。

今日も25年前と同じように『スティーブ・ハーレイのソロは「ホボ・ウィズ・ア・グリン」「カンディディケイド」「イエス・ウィー・キャン」「ポエティック・ジャスティス」。。。』などとタイトルを紹介していたように思う。


同じことを継続すること。
それが本当に大切なことなのかどうなのかは、私にはわからない。

また私の人生が終わったころに、評価でもなんでもしれおくれな。


また会おう、友よ!




mtroro

kishidashin01 at 23:52│clip!音楽