2007年05月21日

本の山と格闘す

朝一番で東京に戻る。

引っ越しのための荷物の梱包。
押入ひとつ半ほど片づけたが、その本の量の多さに我ながらあきれる。
CDも多いと思ったが、ちょくちょく処分している間に数百枚は減ったので、それほどは感じなかったが、書籍はほとんど捨てたり売ったりしていないので、その量おびただしい。

玉石混合ではあるが、私は読書家だと思った。

もう死ぬまで二度と読むことのない本もあるだろう。
そもそも、私が死んだらこの本たちはむげに処分されるのだろうから、持っていってもしかたない気持ちもする。

私でこんなだから、徳島の小西さんの蔵書はどんなだけの量なんだろうか。
美川くんは、コサカイくんは、などと思ってしまう。

夜は仲間と気学の話を少し。


kishidashin01 at 23:59│clip!日常