2007年03月29日

月の下で

京都の実家に帰る時、バス停をふたつ手前で降りた。

「場末」という言葉がピッタリはまるような、小さな酒場街。
そこに、昔「どらっぐすとうあ」という場所があった。

その前に立ってみる。
見かけは普通のスナックになっている。

コウイチロウが切符のモギリをやっていた映画館の跡地には、普通の住宅が建っている。
ストリップ小屋があった場所は、駐車場になっていた。

当時もあった酒屋や、居酒屋も、まだ少しは残っている。


月を見上げながら、ポクポク歩いて、家路についた。


kishidashin01 at 23:59│clip!日常