2014年01月

2014年01月21日

移動

名古屋のライブの後、車で東京まで移動。

朝の3時半くらいに東京について、すいている環八を走っていると、なにかすごく自由な気がする。
いつも渋滞しているのが普通の東京だから、だと思うが。

少し寝て、仕事して、大阪に移動。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip! 

2014年01月20日

名古屋得三でライブ

名古屋得三でライブ。

白波多カミンちゃんソロ、得三は初めて。「くだもの」はやはりいい曲ですね。

ガイユニット。騒音芸術。後半は私も参加。やかましかった!

最後は初音階段。
MCでも話しましたが、国内の初音階段のライブは減らす方向。
白波多カミンソロの活動に力を入れていきたいですしね。

でもまだまだがんばります。
ありがとう、名古屋!

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2014年01月19日

新栄デイトライブでライブ

新栄デイトライブでソロのライブ。

このくらいの広さのライブハウスが大阪にあればいいのになあ、というような、いい雰囲気のライブハウス。
店長さんも気さくでいい方でした。

ブッキングはまたもやワカメちゃんにお世話になりました。
いつもありがとうね。

昨日のライブで痛めたのか、シールドが不調。
なんとかしながら、演奏。6曲。持ち時間オーバーしたみたい。すまん。

とかげのわかばちゃんはお久しぶり。ベアーズで会いましたね。
という話をしていたら今は東京に引っ越したとのこと。
そうなんだー。
彼女、なんだか垢抜けたというか、成長していて、よかったなあ。
ギターもうまくなっている。

あと、ノイズのソロ、映像とノイジーな演奏、ギターとドラムのノイズDUOと3組。
みんな名古屋の方かな?ゆっくり話もできなくて申し訳ない。
みなノイズの果てを目指す旅の途中、という感じだったが、MCでも言いましたが、継続して、その先を見つけてください。がんばってね。




kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2014年01月18日

名古屋で原爆BiS階段

名古屋クラブクアトロで原爆オナニーズ主催のライブ、「お年玉GIG」。

今年はホストの原爆オナニーズに加え、BiSと非常階段が出演、昨年から行っているコラボユニット「BiS階段」もやろう、どうせなら原爆オナニーズとも合体して「原爆BiS階段」もやろうということになった。

やるなら原爆オナニーズにBiSの曲を演奏して欲しいなとリクエストしたら、エディが「PPCC」をカバーしてくれると嬉しい返事。しかし最近の曲はコードが難しく、聞いただけでは進行コードがわからない。
で、twitterでファンの方に聞いたらすぐにコードがわかり、原爆さんにカバーしてもらえた。こうやってイベントにファンも参加しているというのがうれしい。

ライブは前売りで550枚、当日も増えて600人ほどの入りになった。

ライブはBiSがトップバッター。何度か見ているが、今日のBiSはパンキッシュでよかった。メグもんのバースデーイベント、金の鯱に扮した研究員の登場など、いつものようにステージと客席の一体化した愉快なライブが続く。
primal.とDIEは非常階段が参加してBiS階段仕様。primal.の時に自分のファズを最初に踏んだ時、今日の演奏がいい感じなのがわかった。いいライブになった。

BiSがはけてそのまま非常階段。しかしのんちゃんとウイカちゃんに残ってもらって非常階段+のんちゃんウイカちゃんという仕様。美川さんとの師弟ノイズDUOはもう3度目でのんちゃんもいい感じ。ウイカちゃんもドラム参加は2度目で、最後はスネアの連打でいい感じ。ふたりの入れ替わりで岡野がドラム登場でいつもの非常階段。
昨年末にローランドの「ツインバード」を復活させて、私のギターは1979-81年あたりに出していた音が復活している。かなり耳に厳しい音のはずで、お客さんの耳はどうだったかな?

そして原爆オナニーズ。満員のお客さんがダイブにモッシュに大盛り上がり。BiSの研究員も一緒に歌い、ダイブしている姿が嬉しかった。アイドルのファンは本格的な音楽ファンから揶揄されることも多いのかもしれないが、なんの、彼らこそ真摯な音楽ファンだと思う。ちゃんとノイズもパンクも消化して聞いているのがわかる。

そして最後のセッション。
まずは原爆オナニーズと非常階段で「原爆階段」。ELPの「聖地エルサレム」がオープニングSE、そしてタイロウくんが『原爆階段のテーマソング』と言ってくれた「シルバーマシーン」をタイロウくんと美川くんが熱唱。1986年渋谷ラママで行った最初の原爆階段の時もこの曲を演ったねえ。

そしてBiSの6人登場。ここからついに「原爆BiS階段」。
まずはBiS階段「好き好き大好き」を原爆オナニーズがパンキッシュに生演奏するスタイルでBiSが歌う。次はBiSの名曲「PPCC」をやはり原爆が生演奏、BiSが歌いきった。この時点でもう感無量だが、ここからまだまだ奇跡のセッション。
原爆オナニーズの名曲「GOGO枯れ葉作戦」を原爆BiS階段で演奏。ステージには消火器や紙ふぶき、今日のために作ったBiS階段銀行の100万円札などがステージからばら撒かれる。
なにより『GOGO!枯れ葉作戦!GOGO!サリドマイド!』とBiSたちが歌う姿が素晴らしい。
そして外道の「香り」。現役アイドルが原爆オナニーズと非常階段をバックに外道の香りを歌う。これはやっぱり奇跡だと思うよ。
アンコールはBiS階段全員でラモーンズの「シーナはパンクロッカー」。ステージも客席も最高潮だった。

私と非常階段のドラムの岡野くんは、今日は特別な思いがあった。
1992年4月、名古屋クラブクアトロから電話があり、ドタキャンで5月4日が空きができたのでアルケミーでなにかライブを埋めてくれないかと頼まれた。
そこで1992年5月4日に、林直人くんのアウシュビッツと、当時岡野くん率いるサバート・ブレイズでこの名古屋クアトロに出演したことがある。
3連休のど真ん中、ろくに告知もできなかったそのライブは集客が一桁で、あまりにも寂しいライブになった。その後、1992年にはサバート・ブレイズは解散、翌年の1993年にはアウシュビッツも解散してしまった。なにかあの日のライブが解散の引き金になった気がしている。おそらくそうだったのだろう。

その名古屋クラブクアトロに、岡野くんは22年ぶりにステージに立った。今度は600人もの集客のステージで。これをリベンジと言わずにおられようか。
そしてその1992年の悲惨なライブを見ていた私にとっても、この22年後のライブは感慨深いものがあった。ステージ上にいる時は、故人となった林直人くんのことがずっと心にあった。
林くん、天国で見ているかい。
君の友人だった美川くんが、タイロウくんやエディやBiSの女の子たちと一緒にこんなに楽しいライブをやっているよ。
1992年にガラガラだった名古屋クラブクアトロの客席、今日は満員さ。岡野も音楽を続けていて、このステージで最高のドラムを演奏しているよ。
そしてオレも、まだ非常階段を続けているさ。じゅんちゃんも元気だよ。

なにか、伝えられたような、返事ができたような、そんなライブだった。

満員のお客さん、本当にありがとう。
原爆BiS階段のステージが終わったあと、後片付けが始まっているステージに戻って客席に手をふり、頭を下げた。
残っていたお客さんが私を見つけて
『JOJOさん!ありがとう!』
と言ってくれて、拍手をくれた。
君たちこそ、最高だ。ありがとうを言うのはこっちのほうだ。

最高のライブだった。
このライブが名古屋クラブクアトロでできたことが、本当にうれしい。

何度でも言うよ。
ありがとうね。



原爆BiS


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2014年01月17日

甘猫さん

今日は甘猫さんの写真を見せてもらった。

今は松江に住んでいるらしい。

元気そうで、大人になっていて、なにより。

人間ってすごいなあ。
そう、思いました。

どこかで再会できたら、いいな。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2014年01月16日

失ったもの

毎日何をしているのかというと、もちろんいろいろ用事や仕事をしているのだけど、過去に失ったものをとりもどす作業もずいぶんしている。

例えば昔に読んだ本をもう1度読みたくて古本屋で探したり、手放してしまったレコードやCDを中古盤屋で買い直したり、記憶に残っている映画をDVDで買ってみたり、ということ。

もちろん昔の友人たちとの再会も楽しい。フェイスブックでの再会はとても多い。

CDの再発とかも、もちろん廃盤を復刻するような作業だけど、なにか過去にあったものをもう1度聞きたいとか、所有したいとか、そういうことのような気もする。

いったい自分が未来に向かって生きているのか、過去に向き合っているのか、時々分からなくなる。

よく考えてみれば、どのみち人間には記憶は過去のものしかない。
未来は誰も知らない。
未来の記憶は、ないもの。

でも人間は未来に向かって生きているんだよなあ。
不思議だな。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2014年01月15日

『みさちゃんのこと JOJO広重ブログ 2008-2010』なんて本を出したのはもう4年も前、そして』『非常階段〜A STORY OF KING OF NOISEも4年前の出版とあって、そろそろ絶版のようだ。

『みさちゃんのこと JOJO広重ブログ 2008-2010』はブログ記事をまとめたものだが、コンパクトにまとまっていて、懐かしい話やエッセイがまとまって読める感じで、なかなかいい本だったと思う。
惜しむらくはオンデマンド出版だったことで、一般書店には並ばなかった。
もう4年たっているし、同じような形態で復刻するのは難しいだろう。
なにかいい再版方法はないかなあ。


『非常階段〜A STORY OF KING OF NOISE』ももうカバーのついたきれいな状態の本は出版社のストックにはないらしい。
この本は非常階段のヒストリー本としてはよくできていたし、近い将来、他の出版社から再版されるのは容易な気がする。


音楽も映画も好きだが、本はもっと好きだ。
もっと本を出したいなあ。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!読書 

2014年01月14日

明日からプレオーダー(ソウルフラワーBiS階段)

明日、1月15日(水)12時からe+で3/22のソウルフラワーユニオン・O-WESTのライブ(ソウルフラワーBiS階段)のチケットプレオーダー受付が始まります。
ぜひ見て欲しいなあ。

実は2月にスペースシャワーで昨年10月のボロフェスタ出演時のソウルフラワーBiS階段のライブ映像が放送される予定。
その映像チェックを少ししているのだけれど、ついつい見入ってしまう。
そして、なにか心を打たれる。

もしかしたら私は当事者だからかもしれない。
ボロフェスタでのライブを生で見ていない人には、なにが感動的なもかわからないかもしれない。
でも何人かにはつたわるんじゃないかなあ。

歴史的なライブだったと思います。

3月22日、非常階段、BiS、ソウルフラワーユニオンがせいいっぱいの演奏をします。
よかったら見に来てください。

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002000539P0050001P006001P0030189

kishidashin01 at 23:23|Permalinkclip!音楽 

2014年01月13日

両国RRRでフリマ・占い・ライブ

両国RRRへ。

ダウトミュージックの沼田さんに声をかけていただいて、両国RRRでのフリマに出店。占いのブースも出させていただきました。多数来場ありがとうございました。

ライブは沼田さんとのギターDUO。初のセッションですね。
アンプの位置の問題か、自分の音のモニタリングがやや難しく、コントロールに苦しみましたが、どうだったかな?


また春くらいにこのフリマ開催されるようです。
次回はフリマの物品を充実させますね!

kishidashin01 at 23:26|Permalinkclip!ライブ 

2014年01月12日

ノイズ新年会

ベアーズでライブ。ノイズ新年会。

昨年も同じ時期にやりましたね。
今年は初音階段で出演。

スハラくんの他力本願寺は螺旋階段やブリジット・フォンテーヌのカバーを中心に4曲。
嬉しかったなあ。

下山もカバーで挑戦。布袋さんのポイズンも。

初音階段はPerfumeのカバーを含む展開。楽しかった。

山本精一さんはまさかのノイズギターだけ?と思いきや、ちゃんと替え歌やってくれましたね。
AKBまでやってくれるとは!

120名くらい入ったかな?満員のベアーズでした。
幸先いい感じですよね。

師匠こと北嶋建也くんが見に来てくれたのは嬉しかった。
今年はシンガーとして復活するとのこと。応援します!

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ