2012年03月

2012年03月21日

風邪ひきました

この冬初めての風邪をひきました。

カロリーの高いものをと、新宿小田急11階で開催の四国山陽物産展、イートインコーナーで四国の徳島ラーメンを食べてきました。おいしかった!

うーんでも、治らなさそう。
今夜は養生します。

kishidashin01 at 20:31|Permalinkclip!日常 

2012年03月20日

ノイズ大学渋谷分校・第一回

渋谷アップリンクファクトリーで「JOJO広重のノイズ大学渋谷分校」。

ゲストに美川くんを迎えて、ノイズとは、という大きなくくりでのトーク、後半は私と美川さんの機材解説と実演。

けっこうおもしろかったですね!
来場者も多く、みなさん笑ったりメモをとったりと楽しんでいただけたようでした。

ノイズを一番リアルに語れるのは、やはりノイズの現場の人間かもしれませんね。

次回は勝井祐二さんをゲストに4月18日、やはり渋谷アップリンクファクトリーで開催です。
よろしくお願いします。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2012年03月19日

kishidashin

3月30日京都木屋町アバンギルドで開催されるライブイベント「京都買います!」。

出演はkishidashin(JOJO広重+ナスカカーナカヤ)+白波多カミン、山本精一、環(Taiqui+Makiko Izumo)。

kishidashinは映像+エレクトロニクス演奏だが、この映像が毎回「これは!」的な凄いものなのだけれど、今回も内容充実、カミンちゃんのボーカルが入ると幻想的、というか、もうまるでなにがなんだかわからない世界に突入は必至。期待していてください。

しかし岸田森、かっこいいなあ。
ナカヤさんが最も影響を受けた人物に上げていたけれど、私も小学生時代に一番影響を受けたのは岸田森でしょうね。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2012年03月18日

ココロのボス

世田谷・松原の交差点に「ココロ不動産」という不動産屋さんがあった。
もう不動産の仕事はやめているようで、しかし看板に「ココロ」という文字と電話番号はまだ掲載されている。

10年以上前になるだろうか、当時のカルチャー雑誌がこの店の看板をおもしろがって『この不動産屋の主人はココロのボスか?』と取材を申し込んで、断られた経緯を本に書いていたことがある。

ココロ不動産で検索するといくつか現役の不動産屋さんがヒットするから、もしかしたら系列店や関係のあるお店もあるのかもしれない。

ココロのボス、というのは赤塚不二夫のマンガ「モーレツ!ア太郎」に出てくる、犬なのかタヌキなのかわからないルックス、いつもダブルの背広を着ているヤクザの親分である。迷惑ばかりをかけてはいるが、人情にもろく、すぐ泣いてしまい、花を愛する優しい心の持ち主という設定だった。
ちょっと言語障害があったり、ポックンポックンとつぶやいたり、なかなか愛すべきキャラクターだったはずで、赤塚先生の創作したキャラの中でもかなり好きだった。

きっと「ココロのボス」というだけで胸がキュンとなるおじさんもいるだろう。
私は松原の交差点を通るたびに、思い出しています。

ココロのボス

kishidashin01 at 14:10|Permalinkclip!日常 

2012年03月17日

名古屋で非常階段

名古屋TOKUZOUで非常階段のライブ。

主催のアンソニック・武藤くんは年齢も若く、非常階段などのノイズ音楽の影響を深く受けている世代でもあり、今回は非常に真摯なブッキングをしてくれた。いろいろ御世話になりました。ありがとう。

ライブはアンソニックと非常階段のメンバーのミックスによるセッションが2セット、私とガイさんという名古屋のアヴァンギャルドギタリストとのDUO、休憩のあとアンソニック、非常階段のライブという流れ。

ガイさんに会うのはもう20周年ぶり、ガラス玉のゲストとして大阪のエッグプラントにライブに来られていたのを見かけたのが最後だから、23年ぶりにお会いした。もういいおじいちゃん的なルックス、私が知っていた時は長髪のカーリーヘアーだったガイさん、ずいぶん印象が変わりました。

ガイさんとのギターDUOはとてもおもしろい内容だった。なんだか音で気持ちを交わしあうような、まさに解体的交感、という雰囲気でしたね。気持ちよく演奏できました。

名古屋や浜松、岐阜の友人たちとも再会できて、いい夜でした。
名古屋のみなさん、ありがとうね。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2012年03月16日

30分

渋谷のアップリンクファクトリー前TABELAで占いの仕事をさせてもらっている都合上、渋谷にしょっちゅう足を運ぶわけで、渋谷で用事を済ますことになる。

ヨドバシカメラがあれば、メディアやケースなどはヨドバシで買うが、渋谷にはヨドバシがない。
アップリンクに行く途中にヤマダ電気があるので、じゃあヤマダ電気を使おうかと。

で、ポイントカードがなくなったようで、携帯と連動してポイントがつくようになったようだ。
http://img.yamada-denkiweb.com/contents/pdf/keitai_de_anshin.pdf

この携帯の設定をするのに30分もかかってしまった。
なんだか無駄な30分、という気持ちがして虚しい。

若い人ならもっと簡単に設定できるのだろうか。

しかしこの携帯ポイント、便利なのかどうなのか、よくわからないな。


kishidashin01 at 19:37|Permalinkclip!日常 

2012年03月15日

下北沢マック

占いの新しい教室を東京で4月から開催するが、その教材の発注であちこちへ。

ランチに下北沢のマックという定食屋に行こうと思い、店のあった場所の前まで行くと移転したのか閉店したのか、店そのものがない。
こういう時はtwitter、と思ってツイートで質問すると、さっそく返答が続々。
どうも数年前に下北沢マックは閉店した模様、元店員さんが笹塚で「マック」という店をやっていること、息子さんが「ウルトラ」という店を経堂でやっていることがわかった。

「洋食屋マック」

「洋食バル ウルトラ」

で、笹塚のマックへ。
ああ、このハンバーグの味です。これ、下北沢にあったマックの味そのものです。
素晴らしいお店でした。また行きたいなあ。
経堂のお店も近い内に行ってみます。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2012年03月14日

芸術選奨

2012年芸術選奨に由紀さおり、というNHKニュースを見て、ああ由紀さおりさんよかったな、と思っていたら、芸術振興部門で大友良英さん、プロジェクトFUKUSHIMA!が評価されて、という。

あらあら、と思ったし、国からの賞なんてオレたちには似合わない、とは思うものの、まあ「それでも」めでたいな、と思って、twitterでおめでとうございますツイートしたらけっこうなRTの数になってしまい、まずかったかなと思ったら案の定、椹木野衣という美術評論家が文化庁がどったらとか書いてそれがRTされまくり、受賞はいいがどうするどうコメントするみたいな空気になってしまい、おめでとうツイートした自分が悪いことした気分。

音楽家・大友良英氏の芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞をめぐって
おい!トゥギャッてんじゃねえよ!(笑)

美術評論家、という肩書きにもうカチンときているオレもなさけないが、なんにも考えずにおめでとうじゃないでしょ、みたいに叱られたみたいで、いやそうじゃないけどさと思いながら発言するのももっとなさけない。

賞も評価(賞賛も非難も)も、オレたちは自分自身としては全部無視すべきであって、賞は出す方にも問題あるのはどんな賞でもいっしょで、もろもろ考えて受けたり拒否したり発言したりするものでしょう。それくらい評論家に言われなくても何十年もこんな音楽やってたらわかってらあね。

ちょうど3月20日に渋谷アップリンクファクトリーでT.美川氏をゲストに、29日に大阪なんばベアーズで大友さんゲストで「ノイズ大学」というトークイベントするので、いろいろ語ろうと思います。よろしくお願いします。

JOJO広重のノイズ大学・渋谷分校

JOJO広重のノイズ大学+占い Vol.2




kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!音楽 

2012年03月13日

Qちゃんのこと

ドリルマン、ヘルレイザーのQ-ZOくんの訃報を聞く。

事故でずっと意識不明だったはずで、1年半もの昏睡状態の果てか、と思う。

Qちゃんと会ったのはたぶんしのやんやランコさんのいたビートクレイジーのライブ企画現場だった。
髪を金髪に染め、モヒカンをおったてていたQちゃん。

1987年、京都の鬼市場のライブの時、Qちゃんは企画進行担当だったね。
私や赤痢といったバンドはいいかげんだったから、Qちゃんの指定の時間に会場に到着せず、ずいぶん迷惑をかけた。あの時はすまなかったね。

ドリルマンは私の知る限り、私もQちゃんも大好きだったホークウインドに一番似ていたバンドだった。
実際ホークウインドという看板のバーも開いたはずだから、本当に好きだったんだろう。

Qちゃんは破天荒な人生を送っていたし、死ぬでソレ、みたいな目にも何度もあってたけれど、こんなに早く亡くなるとはね。今回も『いやー、まいりましたわ』とかなんとか言って、頭掻きながら復活してくれると思ってたけどな。
中国旅行しててパンツ以外全部盗まれた話とか、ハッパで捕まった話とか、最高だったよ、Qちゃん。人生、駆け抜けてたねえ。


もう無茶したらあかんで。
あの世でゆっくり、しいや。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!音楽 

2012年03月12日

さよなら、もんじゅ君

さようなら、もんじゅ君---高速増殖炉がかたる原発のホントのおはなし
クチコミを見る


twitterで人気のもんじゅ君。1冊目「おしえて!もんじゅ君」に引き続き、3.11の1周年にあわせる形で3月8日に発売された。
これは高速増殖炉もんじゅの歴史や成り立ち、事故、矛盾などをわかりやすく説いた本で、小中学生でも十分容易に読める内容となっている。

挿入されている著者直筆によるイラストがかわいく、ナトリウム漏れを「おもらし」とかかわいく表現していて笑えるが、内容はちょっと笑えないシリアスな社会問題提議である。

こういう種類の本はありそうでなかった。
もんじゅ君がそもそもtwitter上に登場したのはこういった本を出すことを前提にしていたのかな?
だとすれば大成功、意識していなかっのならもんじゅ君はたいした才能だと思います。
素晴らしい本でした。よかったね、もんじゅ君。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!読書