2009年10月

2009年10月21日

ファズ:世界を変えた音


FUZZ: THE SOUND THAT REVOLUTIONIZED THE WORLD(ファズ:世界を変えた音)(初回限定1000部) [DVD+BOOK]FUZZ: THE SOUND THAT REVOLUTIONIZED THE WORLD(ファズ:世界を変えた音)(初回限定1000部) [DVD+BOOK]
出演:ビリー・ギボンズ
販売元:PRESSPOP MUSIC
発売日:2009-10-15
クチコミを見る


台風の影響で工場が操業できなかったことが原因で、発売が数日遅れたようだが、ファズの特集DVD+本の「ファズ:世界を変えた音」がようやく発売になった。本日、見本誌が私の手元にも送られてきた。

この本は1年半前から制作が進み、諸事情で発売が延期になっていたものだが、粘り強い編集者の熱意が発売にこぎ着けたものだ。

この間の日曜日、ウルトラビデのライブの後、ナカヤさんを池田に送った後、大阪市内に車で帰る時、車内で聞いたFM802でこの「ファズ:世界を変えた音」を特集して放送していた。
最初のファズの音はミキサー卓の故障から偶然起こったノイジーなギターの音を、それがかっこいいからそのまま使ったことだそうだ。1960年、カントリー歌手マーティン・ロビンスの「ドント・ウォーリー」がそれで、FM802で放送してくれたので耳にすることが出来た。

このDVD付録の冊子には、ローランド、BOSSの創業者・梯郁太郎氏のインタビューが掲載されているが、これがなかなかいかしている。ファズの使用者なら必読ね。

以前にも書いたが、この冊子には日本のミュージシャンの使用するファズの写真が掲載されている。鈴木茂/秋田昌美/JOJO広重/なおこ・少年ナイフ/真島昌利/坂本慎太郎/小山田圭吾/吉野 寿・eastern youth/向井秀徳・ZAZEN BOYS/橋本絵莉子・チャットモンチー)の足元を写したものだが、これもなかなかいかしている。
秋田昌美やJOJO広重がZAZEN BOYSやチャットモンチーとファズでつながるなんて、とても素晴らしいじゃないか。


fuzzjj

kishidashin01 at 23:22|Permalinkclip!読書 

2009年10月20日

人はだれでも一つの魔法を持っている

「魔女の宅急便」第6巻を読了。


これで最後と思うと、1行1行読み進むのが惜しいような感情がわいてきて、困りました。(笑)

もちろんとてもいい話、いい言葉満載、心があたたかくなったり、なにかを思い出したり、登場人物に応援している自分に気がついたり。
読んでいる間はほんとうにいい時間でした。

この第6巻、キキの息子、トトが、街でバンドマンに出会ってライブハウスに行くシーンがあります。そこで演奏しているバンドに出会うのですが、これがどんな音楽かは文脈からはわからないのですが、なんだかノイズバンドのようにも読めて(笑)、とてもおもしろかったです。

ジブリのアニメ版「魔女の宅急便」しか知らない方、きっとお近くの図書館には全巻おいてあると思うので、ぜひ1〜6巻を読んでみてください。すべての人にお勧めです。
第6巻だけを読まないで、順番に読んでくださいね。

ひと:角野栄子さん
↑こんなすてきな74才でした、角野さん。





魔女の宅急便 完結6冊セット魔女の宅急便 完結6冊セット
著者:角野 栄子
販売元:福音館書店
発売日:2009-10-07
クチコミを見る


kishidashin01 at 21:28|Permalinkclip!読書 

2009年10月19日

語る語る、HIDE

昨日のジ・オリジナル・ウルトラビデのライブ、楽屋などでもHIDEくんはずっとしゃべっていた。
いや、語っていると言ったほうが正しいかな。
ナカヤさんは「説教」と言っていたけれど、HIDEくんは彼自身の言葉でなにかを伝えようとしている、かなり珍しい部類のパンクロッカーだと思う。

例えば昨日のステージでは、羽田を国際ハブ空港化しようとしている民主党政治と対抗する千葉県の話を、そのルーツは成田・三里塚の頃、そして田中角栄の頃からすでに腐っていたのだということを、おそらくは自分の年齢の半分くらいの若者オーディエンスにステージからアジるHIDEくん。
こんなぬるい時代に「三里塚!三里塚!」と叫ぶパンクロッカーはHIDEくんしかいない。

是非は別だよ。
でも、なにかを語りたいという気持ちから、実際に語るHIDEくんの熱意は認めようと思う。内容を私が支持するかどうかは、別ですよ。(笑)

HIDEくんがおもしろいことを言っています。


この投稿者の奥をたどると、昨夜のウルビデのライブ映像もあるようです。
笑ってくださいな。


kishidashin01 at 23:47|Permalinkclip!日常 

2009年10月18日

ウルトラビデ、ボロフェスタ

京都KBSホールでのボロフェスタにジ・オリジナル・ウルトラビデで出演。

今年の1月から断続的に続けてきたジ・オリジナル・ウルトラビデの再結成ライブは今回で一応終了。
HIDEくんの彼女のはるかちゃんが『今日のが一番おもしろかった!』と言ってくれたが、出来はたしかによかったかも。

ボロフェスタは8年目と聞いたが、見るのも参加するのも今回が初めて。
こういった自主コンサートを自腹で有志で運営していることには頭が下がる。
今日はおそらく入りは思ったほどではなかったのではないかな。微力に終わり、申し訳ない。
このコンサートが来年以降も継続されますように、祈ります。

帰りはナカヤさんと車で大阪まで。
車中の話で、私が1986年のスィサイド初来日京都公演に前座のN.I.L.A.にゲスト出演してライブに出たこと、そのライブがひどくて客席からヤジを浴びせられたこと(たしかにいただけない演奏だった)、スィサイドのお二人もデブデブで、ライブもいまいちで最後まで見ないで途中で帰ったこと、そういえばファウストの初来日公演も新宿リキッドルームで非常階段で前座で出たが、ファウストのライブもつまらなくて途中で帰ったことなどを思い出した。

一番驚いたのはN.I.L.A.の音源(おそらくヴェクセルヴァルグのコンピCD)に私が参加しているらしいこと。私は完全に失念していました。本当でしょうか。そもそもN.I.L.A.ってどんなバンドだったのか、どんなメンバーだったのか、なぜ私が参加したのか、ほとんど記憶がありません。たぶんニウバイルというヴェクセルヴァルグのバンドとのつながりだった気がしますが。

ナカヤさんはなんでも知っているなあ。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年10月17日

魔女の宅急便・最終巻

魔女の宅急便 〈その6〉それぞれの旅立ち (福音館創作童話シリーズ)魔女の宅急便 〈その6〉それぞれの旅立ち (福音館創作童話シリーズ)
著者:角野 栄子
販売元:福音館書店
発売日:2009-10-07
クチコミを見る



魔女の宅急便・第6巻が発売になった。
アニメ版映画はこの児童文学「魔女の宅急便」の第一巻を映像化したにすぎず、その後、キキの成長を描く長編シリーズとなっている。
数年に1冊が刊行されるペースでリリースされていたが、ついに最終巻、つまり完結編が発行されたのである。

第一巻が発行されたのは1985年、つまり24年前だ。
24年で6冊というスローペースながら、1冊ごとの内容は非常にレベルが高い。
未読の方、特に女性や、お子さんのいらっしゃるお母さんにはお勧めしたいシリーズ。

今回で最終巻とあって、私も購入したものの、読み終えるのが惜しくて、ゆっくり読んでいます。

内容を少し話すと、キキはとんぼさんと結婚して、双子の母親になっています。そしてこの双子の心理描写や成長の具合がストーリーの中心になっている、模様。(まだ読み終えていないので...)





kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!読書 

2009年10月16日

CS楽天1勝

今年はプロ野球は東北楽天イーグルスを応援してきたが、まさかのシーズン2位通過、クライマックスシリーズに堂々進出となった。

今日はソフトバンクホークスとの初戦、これが打線爆発で11対4の快勝となった。

しかし、ホームランを打ったのが元近鉄、33才の高須(先頭打者ホームラン)、日本ハムをクビになったセギノール、中日をクビになった山崎、今シーズン1本しかホームランを打っていない中島など、それなりに野球に詳しい人でも「これは...」という連中ばかり。

そもそもオリックスと近鉄が合体して、オリックスが選手のいいとこどりして、クズばかりが集まったのが楽天イーグルス。

そんなダメチームががんばって、野村再生工場も手伝って、鉄平が首位打者になって、シーズン2位通過なのに、この土壇場で野村監督はシーズン終了後解雇決定である。もし日本シリーズに進出しても、監督の解雇はかわらないという。

監督の仕事はなんでしたっけ。
チームを強くして、優勝させることじゃあなかったでしたっけ。
その仕事を完成目前で「優勝しても解雇」って言うなんて、これはもうモチベーション低下なんてもんじゃあないですよねえ。
これって、チームの事情とかうんぬんヌキにして、社会的に問題な行動だと思いますが。

楽天のファンはどう思っているのか、また次回監督になる人のプレッシャーもすごいなあ。

で、じゃあ私が野村擁護派かというと、そうでもなくて。
今回の野村監督解任は、きっとノムさんじゃなく、奥さんのサッチーがまたなにかしたんじゃないかな、と思っていたり。
ノムさんとサッチーはセットなので、サッチー切りたいための解雇だと思うのですが。
まあ、あくまで想像、ね。

野村沙知代(Wikipedia)

このなかのエピソードで
『ケニー野村は子供の頃、初詣に行った際、賽銭箱に入らなかった現金を拾い集めるよう命令された。それも、高額紙幣を狙う様に言われた上、多数の神社仏閣で繰り返させられた。 』
って。。。

山本精一くんの歌じゃないですか、これは。。。

このwikipediaの野村沙知代エピソード、読めば読むほど、サッチーがものすごい人物だということがわかります。
これはとんでもないわなー。


しかし、まあ、さて、こうなったらCS突破して、日本シリーズ優勝もしておくれ、楽天イーグルス!


kishidashin01 at 22:25|Permalinkclip!日常 

2009年10月15日

「挨拶」いただきました

アウトドアホームレス等で活躍する新進アーティスト、佐伯慎亮くんが自分のファースト写真集「挨拶」があがったということで、持参してくれた。

ちょうど複眼ギャラリーでこの写真集発行記念の写真展が今週の土曜日・17日から開催されるとあって、今日はその搬入と展示の準備で大わらわの模様。

すてきな写真がいっぱいなので、ぜひ複眼ギャラリーに足を運んでください。
10月17日(土)から11月21日まで行われるようです。
複眼ギャラリーの下のフロアは私の占いのお店となっております。
予約が入っていなかったり、鑑定中でなければ飛び込みの占い鑑定も受け付けますので、お時間あれば寄ってください。


慎亮くんの写真を見ていると、なにかあふれ出るような生命の息吹、そして対照的に死の静寂が見える。
東京ロッカーズの写真を撮る前は農村の写真専門だったという地引さんや、元(?)カメラマンのフジヤマの渡辺さんにも見てもらいたいな。

佐伯慎亮「挨拶」発売記念ライブイベントは来週10月23日、なんばベアーズで。
オシリペンペンズ、アウトドアホームレス、あふりらんぽ等にまざって、私も出演します。
ユニットは「JOJO広重 with 岡野太」という初のDUO形式。こちらもお楽しみに。


00

kishidashin01 at 22:43|Permalinkclip!日常 

2009年10月14日

基準は未来にある、か?

10月1日に更新されたフジヤマの渡辺さんのコラム「フジヤマ本日三時より営業」は、地引さんや清水さんが企画、現在も進行中のロフトでのライブ企画「DRIVE TO 2010」に疑問を投げかける内容になっている。


もちろん渡辺さんと私や地引さんは旧知の仲だし、こういう書き方ではあるけれども応援してくれているのもわかっている。
それでも渡辺さんが引っかかるように、私も渡辺さんのこの感じ方には、引っかかる。

「DRIVE TO 80」のカウンターカルチャーの爽快感、コッチじゃこんなに痛快だぜ!は2010年にあるでしょうか?バンドではなくて、イベントとして、もはやベクトルがあの頃とは様変わりしてしまってはいませんか。
とは、「DRIVE TO 80」にはカウンターカルチャーとしての意義があったけれど、この「DRIVE TO 2010」にはそれがない、ということだろうか。

そもそも、もう21世紀にはサブカルチャーもカウンターカルチャーも、もうない。
そういったものが、現象としてあるのではなく、個人個人の内側にあるかどうかが問われる時代だからだ。

だから「DRIVE TO 80」と「DRIVE TO 2010」を比べてもしかたがない。「DRIVE TO 80」の価値はもちろんあるけれど、それを基準に今を判断することは間違っている。

基準は過去ではなく、未来にあるべきだ。

「DRIVE TO 2010」を『ベクトルがあの頃とは様変わりして』るからといって、じゃあ今なにもしないでいることが正しいかね?
ベクトルがどうあれ、今の地引さんや清水さんが動いて、企画して、今の子供達に、若者達に今のバンドを見せることは、確実に未来につながるのではないかな。当時と同じベクトルを探しても、無理だよ。我々はそんなにもう若くない。

私はそう思うなあ。

先週の新宿ロフト、スリップヘッドバットの大岩がいて、原爆のタイロウくんやエディがいて、ミチロウくんがいて、私がいて、ミカワくんがいて、育ちゃんや久美ちゃんがいて、地引さんや清水さんがいて、しかしここに渡辺さんがいないという事実こそが真実だよ。

理屈や意義をとなえて、実際には動かないよりは、動いて波紋をおこしたほうがいい。
過去になにがあったか、なにをしてきたかなんて、たいした意味はないよ。
今、なにをどうするか、明日、なにをするかじゃなかったかな、パンクは。

「普通のイベント」というけれど、今のライブハウス事情を渡辺さん、知っている?普通のイベントには人なんて来ないよ。CDだって売れないのだよ。
だからこそ、地引さんが、我々が今のベクトルを見つけようともがいているのさ。


まだ終わっていないけれども「DRIVE TO 2010」はのべ1万人以上を動員して、大成功すると思う。
それは企画と、ハコと、出演者と、観客がみんなで作り上げたイベントだからだ。そしてこれがショーケースや、懐かしのバンドの再登場や、売らんかなの商業主義ではなく、東京でしかできない、今の東京の音楽見せつけながらも未来につなげるためのライブイベントだからだ。

「フジロック」じゃないんだよ、これは。
この意味やベクトルを感じたからこそ、我々は出演したんだと思うよ。
フジロックなら、原爆スター階段は出演してなかった(できなかった)よ。


わかってもらえないかな、やっぱり!





kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年10月13日

TOKYO STREET ROCKERS 1978→1981

先週の新宿ロフトで地引さんから出来上がったばかりの写真集をもらった。

tokyosr










「TOKYO STREET ROCKERS 1978→1981」
【A5変形 304ページ、写真点数175、定価2520円(税込)、発売:リトルモア】


新宿ロフトの「DRIVE TO 2010」会場先行発売だそうで、近い内には書店でも買えるはずだ。

ここに収録された写真の数々は、間違いなく1978-1981年、東京のリアルな音楽シーンを記録できていると思う。

リザード、フリクション、S-KENなどの東京ロッカーズ、突然段ボール、NON BAND、午前四時などから、SS、Phew、非常階段などの関西勢、工藤冬里、大村礼子、山崎春美などのマイナー周辺、Mr.カイト、水玉消防団、ゼルダ、ゲルニカなどの女性ロッカー、そしてスターリン!などなど。

非常階段はもちろん1981年新宿ロフトの写真だけれども、初見の写真が数点あった。先日の原爆スター階段と、28年前の非常階段の、なにとどこが違うのかは、この写真を見れば一目瞭然だ。

工藤冬里の目。
大村礼子のかわいい顔。
ジュネの表情。
チコ・ヒゲさんの目つき。
ミチロウくんの全裸。
シンタロウ、タム。

2009年にステージで臓物を投げてもどんなに暴れても、この時の演奏にはならないさ。
でもこの時代の我々があったからこそ、オレたちは2009年にまだ生き残って演奏できているんだよな。
そう、思う。

写真には君たちと同じ、つまりライブを見に来ている観客も写っている。
30年ほど前のライブハウスが、バンドがいったいなんだったのか、興味がある人は買っておいて損はない1冊だと思います。


TOKYO STREET ROCKERS 1978→1981TOKYO STREET ROCKERS 1978→1981
著者:地引 雄一
販売元:リトル・モア
発売日:2009-10-26
クチコミを見る


kishidashin01 at 21:36|Permalinkclip!読書 

2009年10月12日

原爆スター階段裏話

ネットを検索して、お客さんが書いた原爆スター階段のレポをいくつか読ませていただきました。

みなさんあのライブを楽しんでくれたようで、よかった!
それこそ80年代は壮絶だったけれど、今は21世紀、エンターテインメントになってましたね。それでいいと思うなあ。

いくつかの疑問にお答えします!

私が用意したものは

・「緑の液体」バケツ2杯
これはバスクリンを水でとかしたものでした。みんな生臭いものでドロドロになるだろうから、少しでもスカッとしてもらおうと!(笑)

・「白の液体」
私がかぶったものですね。これは牛乳でした!

・「バケツ1」
キャベツ、ぶなしめじ(これを見つけた人はいなかったのかな?)、納豆(ケースから出すの忘れてたのでケースごと投げてました)、牛肉ブロック、骨付き鳥肉

・「バケツ2」
イカ(多数)、サンマ(生!6匹)、マグロの目玉(4個。1個がこぶしくらいの大きさ!グロイ!)、魚肉ソーセージ

マグロの目玉が強烈でしたね。いちばんグロかったなあ。
昨日アップしたYouTubeの映像で私が手に持っているやつですね。

魚関係は下高井戸の「下高井戸駅前市場」の「長谷川商店」で購入。
新鮮で安い!
下高井戸駅前市場
マグロの巨大な目玉、4個で200円でした!


コサカイくんが用意したバケツ2杯。
こっちのほうがエグかったなあ。
ひとつは「ワカメ」だったと思います。
もうひとつは新聞紙を細かく切って水と粉で練ったもので、紙粘土をやわらかくしてグチャグチャにしたような、緑の得体のしれない液体でした。
あとは小麦粉、片栗粉かな?

ミチロウくんは「豚の内蔵」バケツ一杯!これもエグかった!

豚の頭は、なんと楽天で買えるんですねえ。
豚の頭〔チラガー含む〕【送料込み】
30年前にくらべて、便利な世の中になりましたね。(笑)

しかしこの「THE MEAT GUY」というお店、強烈ですね。


みなさんも地元で野菜と魚を仕入れて、お肉は楽天で仕入れれば、あなたの街でもあなた自身で"原爆スター階段もどき"が実現可能に!
高知のIくんとか、いかがですか!(笑)




kishidashin01 at 23:43|Permalinkclip!ライブ