2009年05月

2009年05月31日

song of songs 2日目

アルケミーレコード主催のライブ企画「song of songs」2DAYSの2日目<ダークネスサイド>。


<猿股茸美都子>
インプロ部分が多く、新しいところを模索しているのがわかる。楽屋で聞いていましたが、頭士くんが『昔の螺旋階段みたいな曲だなあ』と猿股茸美都子の曲に合わせてギターをつま弾いていたのが印象的でした。もっとゆっくり聞いてみたかったです。ありがとうね。


<スラップ・ハッピー・ハンフリー3>
JOJO広重+とうめいロボ+添田雄介のユニット。東京のタワーレコード「とうめいロボ・インストアライブ」はこのメンバーでプレイしたので2回目。今回は森田童子さんの曲を1曲、そしてとうめいロボの曲を4曲という構成。森田さんの曲をちひろちゃんが歌うのはきっとこれが最初で最後かな。スタジオ練習も入らずリハであわせただけでしたがうまくいきましたね。とうめいロボの曲は「馬車」「ポケット」「ルルカ・リルカ」「雪」で、とうめい階段風の部分もたくさんあったけれど、この3人ならではのいい雰囲気が出ていたと思います。またいつかどこかで、この3人で演奏しましょう。スラップ・ハッピー・ハンフリー名義のライブはきっとこれが最初で最後です。
ちひろちゃん、添田くん、2日とも出演ありがとう。両日とも素晴らしい演奏でした。次に会う時には必ずどこか成長している君たちは素晴らしいミュージシャンです。自信持って、これからもがんばってね。


<頭士奈生樹>
年に数回しかライブをしない頭士くん、終演後、年内はもうライブをしないと言っていました。1曲目からもう頭士ワールド全開、普段は聞けない曲ばかりと思っていたら、最後の曲は昨日出来たばっかりの新曲とか。それにしてはすごい完成度です。あっこちゃん、利光くん、どうしてここにいないのかね、と言いたくなるような、頭士奈生樹ファンなら卒倒しそうないいライブでした。しびれました。


<高山謙一>
IDIOTはいつもIDIOTで、もうそれだけで素晴らしいのだけれど、この日も貫禄のステージでしたね。R&R、そのものです、君は。


<螺旋階段>
IDIOTと私、私と頭士くん、頭士くんとIDIOTという組み合わせのライブは過去にあったけれど、JOJO広重+高山謙一+頭士奈生樹という3人が一線に並んで演奏するのは1979年以来30年ぶり。そう、螺旋階段は30年ぶりの再結成でした。
これも事前にスタジオ練習に入ることなく、リハで3曲合わせただけなのだけれど、各人が現役ミュージシャンであること、各人が30年前のみんなで作った曲を明確に記憶していたことから、リハですぐに演奏できました。本番も問題なく。ただ、アンコールで演奏した「めまい」は、リハでも合わせていなくて、楽屋で『もしアンコールが来たら「めまい」をやりますかね』と、空のギターでチャチャと合わせただけでしたが、本番は問題なく演奏できました。こうやって練習なくてステージで出来てしまうあたり、逆に30年なんだと思います。30年前に20才だった時に一生懸命演奏した曲は30年たっても覚えているものなんだなあと実感。今の20才のミュージシャン、バンドマン、覚えていてね。


2日間、いい時間を過ごせました。出演してくれた方々、来てくれたお客さんたち、どうもありがとう。いいものを見れました&聞けましたね。絶対という言葉は使いたくないけれど、スラップ・ハッピー・ハンフリーと螺旋階段はもうきっとないと思います。来場者のみなさんの胸の奥に届いたことを信じています。ありがとう。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年05月30日

song of songs 1日目

アルケミーレコード主催のライブ企画「song of songs」2DAYSの初日<ビューティフルサイド>。


<ゆうさりゆうされば>
いつもはファズ&轟音のゆうさりゆうされば、今日はアコースティックエディションでドラムに犬風くん、ピアノに地獄変くんという強面のバックに、いつもよりさらにブルージーでしたね。闇からの歌声は健在、フォークギターを抱えた歌姫はダークネスサイドに出演してもOKだったかも。素晴らしい演奏でした。


<沢口みき>
男性ボーカル曲5曲のカヴァーでしたが、まさかベアーズでこの曲が聞けるとは、という選曲。スハラくんがもっと必死で弾くのかと思いきやノリノリのギターでおもわず笑ってしまいました。(失礼!)ビューティフルサイド面目躍如の美声&上手ですよね、沢口さん。ようケロもなおちゃんもがんばってました。


<中山双葉>
前回の東京でのライブが成功だったのを上手に引きずって、今夜の大阪のライブも歌&演奏&トークがみんな大成功。あたたかく、そして少し切ない歌声はみんなの気持ち深く届いたと思うなあ。多田くんのSEも最高でした。私が常から好きだと言っている名曲「おとめ気分」をラストに演奏してくれてありがとう。素敵なライブでした。終演後CDもたくさん売れていましたね。よかったね。双葉ちゃんの歌に尾谷さんは感無量で泣いていましたよ。


<埋火>
前回の東京のライブがPA不調もあってイマイチ、という感じだったこともあってか、今回こそはと気合いの入ったいいライブでした。新曲もワイルドでプリミティブで斬新、いい感じじゃないですか。歌もギターもドラムも、みんなうまくなっていますよ。女の子はしっかり練習してちゃんと成長しますね。えらいね。
1曲目から身体が自然に動く。グルーヴが曲の中心にこもっていたのですね。私の前の貝つぶさん、横のゆうさりさん、私の3人は客席で身体を動かしてのっていたのですが、貝つぶさんの前にいたばるるさんは微動だにせずステージの1点を見つめていました。オタクな彼のことだから、なにか集中する些末なことがあったのでしょうか。(笑)


<とうめいロボ>
1曲目の「ソーダボール」で会場内の空気が一変する。この1曲はソロで、あとは添田くんとのDUO形式のとうめいロボだったが、これがすごかったです。あんなに力強い希望の歌となった「雪」は初めて聞いたし、「ポケット」「羊」の幻想的、そして聖なる清さをたずさえたようなテイクも初めてでした。新潟で『"ソーダボール"は自分が初めて作った曲で、その答えが"手紙"という曲なんです』と証してくれたけれど、今夜の「手紙」はそれを象徴するかのような最高の出来映えだった。とうめい階段の時に私が即興でつけたコーラスやバッキングを、完璧な形で添田くんが具現化してくれたように思う。まるで「手紙」は今夜のように演奏されるために元々未完成で存在したかのような、そんなふうに思えるほど、完璧なテイクでした。


今日はみんな素晴らしい演奏だった。本当にありがとう。ひろしげさんちの6姉妹どころか、6人の娘だけれども、君たちと知り合って音楽で関われたことを誇りに思っています。素晴らしい夜でした。
たくさんの来場者のみなさんもありがとう。よければ明日も来てください。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年05月29日

ZOO/DOLL

パンク・ハードコアの専門誌「DOLL」が7月1日発売号を最後に廃刊するという情報をもらう。

おそらく近日編集部の方から公式発表もあると思うが、パンクはもちろんインディペンデントな音楽を愛好してきた人々がショックを受けるのは明白で、これも時代の流れと言ってしまうのは一抹の寂しさを隠せない。

「DOLL」の前身は「ZOO」というミニコミに近いスタイルの雑誌で、森脇美貴夫編集長の文章はもちろん、間章の文章が読みたくて、1976年ころに手にとった思い出がある。きっと実家の倉庫を探せばバックナンバーは出てくるはずだ。確かジャーマン・ロックの特集号もあったはずで、今のようなパンク専門誌ではなかった。

「DOLL」というパンク専門誌になり、もちろんインディーズ黎明期から我々の仲間の多くの面々が関わり、広告やインタビュー、アルバムレビュー、ライブレビューを掲載してもらった。お約束のようにトラブルもあったりはしたが、雑誌というメディアである以上、我々がお世話になったことのほうが圧倒的に多いわけで、森脇さんや相川さんにはずいぶん感謝している。

インディーズ絶頂期に、「DOLL」編集部の人間がごっそりととある会社に引き抜かれた事件があった。つまりは金、欲、そして不義理という、普通の世の中の普通の事件で、パンクだインディーズなんて言っていても所詮は金のことという現実を突きつけられた出来事で、林くんやフジヤマの渡辺さんと『ずいぶん生臭いね』とがっかりしたことを覚えている。そして編集長だった森脇さんが病に倒れられ、その後を支えてがんばった相川さんたちのことは、誰がなんと言おうと立派だと思う。やがてその引き抜きをした会社はろくでもないことになり、会社を移った面々も霧散し、その後は音楽業界でチラホラ名前を聞く程度に至ったのに対し、「DOLL」はしぶとく生き残り、いくつかの音楽誌が消えていく中で立派に黒字の会社になっていたはずだ。2000年にフールズメイトの石井くんとギズムのライブで会った時、「DOLL」の経営の見事さを聞いた。

2004年に「GET THE PUNK」というパンク・コンピレーション・CDをテイチク・エンタテインメントで制作した時、相川さんと電話をしたのが最後かな。それとも赤痢のベスト盤のライナーを書いてもらった時だろうか。お元気ですか。
最近は西村くんの原稿でオリジナル・ウルトラビデのインタビューを掲載してもらいましたね。

お疲れさまでした。またいつか、どこかで。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!音楽 

2009年05月28日

第五列アーカイブ

第五列の1973年〜1990年くらいまでの印刷物、音源資料などをまとめたアーカイブHPが出来ていた。

第五列


とにかくどれもこれもファイルがでかいので、安易にクリックするとたいへんなことになりますが(笑)、発行した印刷物がPDFで読め、音源がかなりの音質で聞けるのはすごい。

第五列はへんな音楽、ややこしいやつらの総本山なわけで、世界的にもこんなやつらのコミュニティ(?)はそうそうなかったと思う。
1978-1981年くらいまで、私もずいぶんお世話になりました。おかげでこんなややこしいオトナになりましたが。

日本のヘンな音楽を語るなら、ぜひとも外せないのがこの第五列。音源はぜんぶ無料でダウンロードできます。楽しんでおくんなせえ!



kishidashin01 at 23:31|Permalinkclip!音楽 

2009年05月27日

笑う月

小田原へ移動する間、なにか読む本をと、啓文堂書店で安部公房「笑う月」を購入。


「笑う月」が新刊で発売された時は私は高校1年生で、茶色いハードケースの大型本の安部公房新刊は高額だったが、どうしても欲しくて京都・駸々堂書店で購入したことを覚えている。

この本に収録の短編「公然の秘密」が好きだった。小説を読んで泣いた、というのは、この小説が最初かもしれない。16才の高校生には、その小説の光景があまりにも悲しかったのだと思う。

どらっぐすとうあのスタッフだったころ、仲間と安部公房の話になり、石橋くんが「昔、"飢餓同盟"を読んで泣いた」という話をしてくれたことを今でも覚えている。

安部公房は「愛のメガネは色ガラス」以降は新刊はすべて購入していたが、亡くなってしまっては新作は出ないのでいたしかたない。全集は結局買わなかったな。

最初に読んだのは「R62号の発明・鉛の卵」で、「壁」「他人の顔」「愛のメガネは色ガラス」「密会」は好きだった。
中学3年生の演劇部時代に「乞食の歌」を、高校の演劇部で「幽霊はここにいる」を公演、主演をさせてもらった。

『砂の女』はDVDを持っている。



kishidashin01 at 23:06|Permalinkclip!読書 

2009年05月26日

Mくん、Hちゃんと話す

東京へ。

最近はビジネスホテルではなく、Mくん&Hちゃん夫婦のマンションに泊めてもらうことが多い。いつもお世話になっているので、少しのおみやげと、なにかおもしろい話でもと、いろいろお話。

やはり数日前のブログ「Mちゃんのこと」が好評なので、広重さんの小学校〜高校時代の恋愛話をおもしろおかしく話す。

『広重さん、もてたんですね』とHちゃんは言うが、とんでもない。だいたい突撃>撃沈してしまうか、ようやくつきあってもつまらぬ発言や愚かな行為でふられる結果が大半で、成就した恋愛などひとつもありません。

ふとHちゃん&ご主人のMくんの本棚、CD棚、DVDなどを見ると、恋愛ものや恋の歌を歌ったCDなどは皆無。早川義夫も聞いたことがないという。

人を狂おしいほどに好きになったり、人を好きになることで傷ついたり自分を責めたりすることが、Hちゃんはあまりなかったのかもしれない。それはきっと幸せなことなんだと思う。
男女の想いよりも、自分を誰かにわかってほしいと思う気持ちが恋をさせるではないか。そんなふうに思う時もあるよ。


Hちゃんといっぱい話をして、昔のことをたくさん思い出して、勝手になんだか切なくなっている広重さんは、どう見てもかっこ悪いなあ。
ほかのことはたいがい前向きなのに、こういうことはいつも後ろ向きなんだよな。

Hちゃん、Mくん、いつもありがとう。
すてきなお子さんの誕生、待っています!




kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年05月25日

Kさんへ

新潟・正福寺のKさんよりお葉書をいただく。
『日々、広重さんのブログをチェックして動向を探っております(笑)』
と書いてあり、そうか、このブログで私の行動や考えや思ってることをチェックしているわけですね。

って、まあブログには全部を書いているわけではないので、全部を理解しているわけではないでしょうが、今日はどこにいて何をしているのかはわかるかもですね。
まあ、こんな感じです。


非常階段のBOX、制作が追い込みで、バタバタ。バタバタしているのは事務所スタッフの方ですが。15000枚のCD(こんな枚数を一度にプレスするのは初めて)、何千枚ものジュエルケース、特製BOX、印刷物などが大量に届くわけで、戦々恐々としています。組み込みや発送もたいへんそう。まあがんばります!


占いのお仕事は口コミでいい感じで広がっています。7月頃より大阪で断易の初級教室もスタートさせます。占いの鑑定に来られたことのある方で、入門を希望の方はご相談ください。
東京の6月の鑑定会はほぼ埋まりました。みなさんありがとうございました。7月も開催しますね。


7月には久々にソロのライブが2本決定しました。大阪サオマイと、浜松ルクレチアです。尾谷と二人で演奏するスタイルです。同じく7月にはアシッドマザーズ階段のライブも東京であります。
8月はアウトトアホームレス+JOJO広重が高知、非常階段+坂田明が大阪、神戸でオリジナル・ウルトラビデ&アシッドイーター、という感じです。

そうそう、6月19日は東京・浅草橋「パラボリカ・ビス」で嶽本野ばらさんと「アコースティック・ノイズ・セッション」というのがあります。
夜想ヴィクトリアン展
小さい音でノイズを、という構成になりそうです。珍しいライブになりそう。こちらもよろしくお願いします。


新潟で声をかけてれたTちゃんがおしえてくれた佐藤亜紀「バルタザールの遍歴」を読了。占い関係の本でずっと探していた「こころの妙薬」を発見、自分の分と仲間の分含めて3冊購入。これも探していた倉多江美「どっちライン」も発見して購入。倉多江美が絵だけを担当している近刊のミステリーコミックも購入したものの、あまり内容はおもしろくなく残念。たぶん人に貸して紛失した「ひまわりのかっちゃん」を再購入。これの続編が出ているのは知りませんでした。先日紹介した「生きがいの創造」も続編がある模様。このあたりはゆくゆく。
おもしろい新刊はここでチェックするといいですよ。
注目の新刊
徳島の小西さんがおしえてくれたサイトだが、こんなのを見ていたらいくらお金があってもたりませんね。


月末の螺旋階段のライブに向けて、パズルでキーボードの個人練習。キーボードを演奏するのは約30年ぶり。やっぱりギターをやろうか、キーボードだけにしようか、思案中。スラップ・ハッピー・ハンフリー靴皹虧椶決まってOKOK。


ボルビトマグスのジムから新作アルバム2枚到着。ライブ会場でいただいたデモCDRなんかも聞きつつも、森田童子/憂鬱デス、なんかをつい聞いてしまう。
そうなんです、Kさん、これだけいろいろやっていても、憂鬱デス。って言っても信じてもらえないっすよね。(笑)
今すぐ新潟に飛んでいって、柏崎の海にダイブしたいです!うおー!


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年05月24日

THE NOISE の歓び

非常階段結成30周年記念CD30枚組BOX『THE NOISE』、先行割引予約は今月末まで受け付け中です。
非常階段結成30周年記念CD30枚組BOX『THE NOISE』先行予約


もちろん初出の「スター階段」を筆頭に、CDになって世の中に出るのは初モノの音源オンパレードだけれど、自分で言うのもなんだが、非常階段の音源がとにかく面白い。

ノイズ、という音楽の面白さ、歓びは、音楽の一線を超えないともちろん理解できないもののひとつだけれども、非常階段の場合、いわゆるノイズミュージックというものの世間の認識は軽く超えてしまっていて、ノイズ>雑音の連続>よくわからない世界、という見方はまるで当てはまらない。

冒頭の一瞬からあらゆる"わけのわからないもの"がパンドラの箱を開けたかのように噴出し飛び交う音群が、いつのまにか目の前にウルトラCで着地するという姿は、言い尽くされた言葉だけれども唯一無比、と思う。

CD30枚、計100テイク。非常階段100曲入り!
もちろん曲になっているものもあるけれど、ほとんどが音楽の域を超えた音の塊りと思ってください。つまり非・抑止音力。
音(ノイズ)には魂があり、力がある。それを証明できた作品だと思っています。

たくさんの予約ありがとうございます。みなさんの応援の気持ち、しっかり受け止めています。本当にありがとう。
発売まで今しばらくお待ちください。


kishidashin01 at 23:04|Permalinkclip!音楽 

2009年05月23日

生まれかわるところがひとつだけあれば

飯田史彦「生きがいの創造」を読む。

生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)


これは輪廻転生が実際にあることを検証し、それを前提として正しく強くバランスよく生きることを推奨した、生きがいとはなにかを研究した本だと思う。

読めば読むほど、ややうさんくさいとこともあれば、ああこれは本物かもなあと思うところもあり、"人間が死んで、そして新しい命となって生まれかわることはあるのかもしれない"、という気持ちにはなってくる。

しかし私は占い師という職業から言うとすれば、「生まれかわる、ということはあるかもしれない。実際に誰かが誰かの生まれかわりでないと証明できないような事実はある。しかしそれが生まれかわりだとしても、すべての人が誰かの生まれかわりであるという結論は早計すぎないかと思う」というのが意見かな。


まあ、この本を買わなくても、このページでほとんどの内容は読めます。
WWW版『「いきがい」の夜明け』




私が死に、君が死んで、そして生まれかわって、また会うのですか?
本当に?
え?

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!読書 

2009年05月22日

歌を聞きにきてください

もう1週間前になりました。

「Song of Songs 2009」
at 難波・ベアーズ 2009年5月30日、31日

30日(土)Beautiful side
出演:とうめいロボ、埋火、ゆうさりゆうされば、中山双葉、沢口みき(Vo.沢口みき、G.スハラケイゾウ、B.高野陽子、D.尾谷直子)
OPEN 18:00 START 18:30 / ADV2300yen DOOR 2800yen  『Song of Songs 2009』2day通し券 4000yen

31日(日)
Darkness side
出演:螺旋階段(高山謙一 + 頭士奈生樹 + JOJO広重)、高山謙一、頭士奈生樹、Slap Happy Humphrey掘JOJO広重+とうめいロボ+添田雄介)、猿股茸美都子
OPEN 18:00 START 18:30 / ADV2300yen DOOR 2800yen  『Song of Songs 2009』2day通し券 4000yen


女性で、これからも歌を歌おうと思っている方なら、30日のライブはぜひ見に来て欲しいなあ。歌は悲しくて、強くて、重くて、空に舞い上がるように、そして心の奥に届く。この日のライブは男性はもちろんだけれど、女性にこそ見て欲しい。

31日は頭士くんにつきる。非常階段の最初は、私と頭士くんのDUOだった。IDIOTとの3人で演奏するのは30年ぶり。そしてJOJO広重+とうめいロボ+添田雄介の"Slap Happy Humphrey"もこの日だけだから。見逃さないでください。


今日という日は、1日しかないから。
今日は必ず明日につながっているから。

歌はその場で歌われ、そして消えていく。
だからこそ儚く、美しいのだから。

歌だけが残る、そんな2DAYです。
期待しててね!
530

kishidashin01 at 23:26|Permalinkclip!ライブ