2009年03月

2009年03月21日

書いてあることは間違っていることもある、ということ

昨夜、打ち上げを早めに失礼して、機材を事務所に運び上げている最中に携帯に電話。徳島の小西さん。

小西さん曰く、今発売の週刊誌「SPA!」にハードスタッフのことが書かれている部分があるということ、書かれている中身に間違いがあるが、それはそれ、という内容だった。

今朝になって出勤前に駅の売店で週刊SPA!購入。普段は気にもとめないし、まず買うことも読むこともない雑誌だが、まあ内容のない週刊誌だこと甚だしい。じゃあ他の週刊誌が内容があるかと言えばそうでもないだろうから、いたしかたない。

ハードスタッフのことを書いてあるページはすぐ見つかった。文化人(?)2名による対談の中に出てくるが、私はこのおふた方は存じ上げない。
ハードスタッフのことはいいのだけれど、フューをもう過去の人のように書いてあったり、原爆オナニーズのことを「原オナ」と通ぶって語っているわりに関西のバンドのように発言していたり、フュー、アーントサリー、INU、原爆オナニーズの映像が残っていない(各々残っていますね)だろうと推測していたりと、つっこみどころ満載。
まあ実際はこのように話されていないかもしれない。編集者がテープおこしして適当にはしょって書いている可能性もあるからだ。しかし週刊SPA!の読者の大半にはINUとかアーントサリーとか林直人とかはなんのことかわからないし、逆に知っている人にとっては「間違いだらけじゃないか」という印象を残すのみである。

まあ知っているようで知らないことは誰にだってある。言い間違え、勘違い、漢字の読み違えなど、いくらでもあるだろう。その揚げ足をとったってしかたがない。
ネット上に書いてあることなら疑うことはよくあるだろうが、紙の本に書いてあることは本当だと思ってしまうかもしれないが、実際は間違っていることが書いてあることもちょくちょくあることであることをよく知っておく必要がある。

困るのは、人が"ファンです"と言いながらそのファンである対象について間違える時である。

以前、私が東京でスポーツカードショップを立ち上げた1992年か93年ころ、来られたお客さんガマイケル・ジョーダンのことを話の中で『ミッチェル・ジョーダン』『ミッチェル・ジョーダン』と何度も繰り返し言うので、こちらも「それは違いますよ」と言う機会を失い、ついに帰られるまでに修正できなかった思い出がある。

こういうのはまだ笑えるが、もっと困る時がある。
『JOJO広重さんですよね!非常階段の!ファンです!』と言ってこられる分にはかまわないが、それに続けて『非常階段、昔はすごかったですよね!もう全然ライブやってないんですか?もうやらないんですか?』と、いや、今も現役で、日本国内はもちろん世界のあちこちでライブやっていることも知らない「自称JOJO広重ファン」には、困る。
ファンなら私のスケジュールをアルケミーのページで見るか、せめてこのブログでも読んでいるのではないのか。まあ百歩譲ってネット環境がない生活をしているにしても、ファンだと言うからには最近のライブとか、CDのリリース状況くらいは知ってそうなものだ。
そういう人に『いや、私は今でも毎月ライブもやってます。ソロもセッションもバンドもね』と話したところで、たいがい次回の私のライブには来ない。
つまりその人は愛想で「ファンです」と言った程度で、こっちがまともにうけたほうが間違っているのかもしれない。

そういえば1997年にイタリアのフィレンツェにライブに行った時、ポスターに「非常階段!JOJO広重!元ボアダムズ!」と書いてあって、けっこうげんなりした。主催者に間違っているよと言うと『元ボアダムズじゃなかったのか?おー!でもこういう間違いはよくあることだ』と、もうさらにグダグダのお返事で、その後の当方のライブももうグダグダだったことをよく覚えている。

まあ「書いてあることが間違っていることは"よくある"」ということで。これを読んでいる各雑誌の編集者のみなさん、どーぞよろしく!

kishidashin01 at 21:59|Permalinkclip!読書 

2009年03月20日

アウトドア階段

大阪なんばベアーズで「JOJO広重ノイズ10番勝負・第三回」。

今回はvs"アウトドア・ホームレス"とあって、客層はきっと若い人たちになるだろう、だから若い人たちが楽しめるノイズになればいいなあと持っていたが、その通りになった。

アウトドアホームレスの面々はステージと客席を白いガムテープで二分し、アウトドアホームレス側(AHOと書いてありましたね)、JOJO広重側と分けて、いかにも「対決」という雰囲気を作ってくれたが、それがいい緊張感になったし、ステージにストーリーが生まれた要因になったと思う。
基本はその線を越えてはいけないというルールだったが、時折お互いに一線を越えてはいたけれど、とてもいい刺激になったと思う。

アウトドアホームレスの曲に私がノイズギターをかぶせる手法で、これでは対決というよりは「アウトドア階段」という呈だったが、それがなんか良かったな。すっかりメンバーの一員に加えてもらったような気持ちになれた。

最後には千手観音の一部に私も混ぜてもらえました。
outdoor










ステージから見ると客席はみんな笑顔で踊りまくっていてとても楽しそうだった。
ノイズというと真面目な顔してじっと聞いていたり、アートかなにかのようにとらえがちだが、それはノイズの一側面にすぎない。ノイズはエンタテインメントでもあるのだ。その面が非常によく出たライブだったと思う。今回のノイズ10番勝負の中でも特別におもしろい/楽しいものになるだろうと思っていたが、その通りになったのは大成功だと思う。

客席には高知のTEN-No.5のおふたりも。3連休を利用して見に来てくれたそうだが、ありがとうね。高知のIくん、なんで「階段もの」が好きなのにコレを見にこなかったのかね。ぜひ高知でブッキングしておくれ。(笑)

アルケミーソニックマニアの時も来場してくれて、私の占いコーナーに来てくれた少女3人組も来場してくれていましたね。実はこの3人でバンドを組んで先日ベアーズデビューしたとか。確か平成生まれでしたよね。がんばってね。

そう、もう私の子供たちのような世代と一緒に演奏したり、客席が埋まったりしているのだな。今だに同じステージで演奏できることを感謝するよ。

アウトドアホームレスのみなさん、いいライブをありがとう。
またぜひ一緒にやりましょう。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年03月19日

狂鬼降臨

AIGの巨額ボーナス事件(そもそもアメリカのボーナスは3月なのかね)について共和党議員が『深々と頭を下げて謝罪し、辞任か自殺するということで、日本人の場合は謝る前にたいてい自殺する』と発言したというが、真偽はともかく、こういう発言がニュースになるのだなと、なんだかおかしく思ってしまった。

果たしてどうなんだろう。政治家なんかを見ていると、なにがどうしたって自殺なんかしない人種に見えるし、逆に弱い立場の社会人や若者には自殺という選択肢は大麻や覚醒剤よりも安易に手に入る安楽な方法なのかもしれない。

自殺という考え方は、ずいぶん癒しにはなると思う。死ねば万事解決。そういうことを思うことぐらいないと、息苦しくてこの世の中、流していけないものねえ。

でもまあ、死ななくてもいいんじゃないかな。AIGだけじゃなくって、どうでもいいことや一部の金持ちの私欲のことに税金はたくさん使われているのではなかったかな。
むしろ税金の恩恵を受けていない人間が自殺しなくちゃいけない理由はないでしょう。

狂鬼降臨 (ふしぎ文学館)
狂鬼降臨 (ふしぎ文学館)

まあ、気持ちがすさんだ時はこんな本でも読もう。
あの世から鬼が現世にやってきて、ただただ人を殺す。それだけの話が延々続く、グロテスク小説。これを読んでいれば、ちょっとは今の世の中がまともに(甘甘に)見える。なにかの責任を感じて自殺するなんて、ずいぶん馬鹿馬鹿しいと思えるようになるかもしれない。
万人にはこの本は薦めませんが。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!読書 

2009年03月18日

坂田明さんと共演決定

坂田明さんからメール。
8月22日に大阪なんばベアーズで行われる「非常階段結成30周年記念ワンマンライブ」に坂田さんにゲスト出演をお願いしていたのだが、ご快諾いただいたのである。

この間のスウェーデンでの出会いから発展したものだが、坂田さんと私の接点は古い。

おそらく私が中学3年生か高校1年生の頃だったと思う。1974年か1975年頃だったろうか。同級生のIくんの家で、初めて山下洋輔トリオのLPレコードを聞いた。
驚いた。驚愕したと言ってもいい。こんな音楽が世の中にきっとある、と思っていた音楽がそこにあった。フリージャズ。初めてフリージャズを聞いたのが、その山下洋輔トリオの演奏だった。

山下洋輔(p)、森山威男(ds)、坂田明(as)。山下洋輔トリオ最強のメンバーの、熱い熱いライブ演奏に、正直、ぶっ飛んだ。当時ジャズ狂いだったIくんのレコード解説、うんちくも面白かった。
我々のフリージャズへの思いは、やがてドラマーだったIくんと、フリージャズとロックを融合したようなバンドを結成することになる。SLOTHとIくんによって名付けられたそのバンドは、私が組んだ最初のバンドとなった。1977年のことだ。

Iくんは頭士くんとのコンビの非常階段を解消した後、再編された1980年の非常階段に参加、実際は1981年の数回のライブに参加したはずだ。約20年後、何度か非常階段の演奏に客演してもらっているが、やはり30周年記念ライブにはIくんにも参加してもらおうと。

そして坂田さんが参加してくださるのなら、Iくんと私がバンドというものを組むきっかけとなり、私にとってはフリージャズ、即興演奏との出会い、その後の非常階段からアルケミーレコード、現在に至るまでの音楽生活のきっかけとなった、その坂田さんと、Iくんと、そして私とのトリオでのセッションをしてみたいと思っている。もちろんその後はメンバー全員の非常階段にも坂田明さんにサックスで参加していただく。初期非常階段には上さんというサックス吹きがメンバーでいたが、ずいぶん久しぶりのサックス奏者との共演だ。

35年来の、私やIくんにとっての夢の共演は、きっと観客にとっても、なにか大きなものを伝えられるライブになると思う。
64才の坂田明さんにとっても、なにかを感じてもらえるような、そんな演奏にしたい。
ご期待ください!


kishidashin01 at 22:56|Permalinkclip!音楽 

2009年03月17日

手渡される音楽

今日は尾谷さんの誕生日でしたね。
おめでとう!
またバックでドラムたたいてください。

中山双葉のアルバム「つづく」は明日発売だけれども、各CDショップには本日並んでいる模様。おすすめの1枚なので、みなさんよろしくお願いします。

ディスクユニオンさんはいつも素晴らしい文章で我々のアルバムを紹介してくれますね!ありがとう!
ディスクユニオン吉祥寺店
ディスクユニオンお茶の水駅前店

『めくるめく絵本を見ているようなかわいい歌の向こうに見える、オトナにもコドモにもなれない普通の女の子の世界観、今を生きる世代の感性。聴き終わると気持ちがほんわかと明るくなる、春にぴったりのほんわかとしたボーカルアルバム誕生!』

なんて上手な紹介POPだろう。ありがとうございます。

こうやってミュージシャン>レコード会社>問屋さん>ショップ店頭>お客さんに歌や音が伝わっていく仕組みは、本当にあたたかい気持ちの連鎖だと思う。
歌は、手渡すものなのだと思っているけれど、こうやってCDショップ店頭のPOPを見るだけで、それは信じられることなんだなと思う。

中山双葉の歌が、たくさんの人の手に、耳に、気持ちに、手渡されるように伝わっていきますように。

みんな、ありがとうね。

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年03月16日

できる人がやるということ、も

早朝からテレビでWBC観戦。

松坂絶好調、打線もつながって日本代表は6得点。キューバは早打ちが目立って無得点。朝から気持ちよく1日始まった野球ファンも多そうだ。

日本はエラーもあったし、キューバもヒット数はそれなりにあったのに得点につながらなかった。
日本だってイチローは不振のままだし、長打は少なかった。

誰が、といえば松坂になるのだけれど、0点に押さえたところで得点をとらなければ試合には勝てない。
コツン、コツンと小ヒットや犠打をタイムリーにつなげた打線が見事だった。

イチローはこれだけ打てないとプレッシャーだろう。
でもイチローが打てなくても、誰も責めれないし、誰も慰めることもできない。
ただ、まわりで、個人個人が自分の仕事でがんばることはできる。

誰かができなくても、他の誰かががんばればいいのだ。
結果は後からついてくる。
それでいい時も、あるのだ。

もっともっとしびれる野球を見せてくれ。



kishidashin01 at 22:46|Permalinkclip!日常 

2009年03月15日

旧友と再会

カナダに移住しているあやちゃん(元赤痢/元アルケミー社員)が帰国していたので、ランチを一緒にした。
大きな荷物をいっぱい持って来ているのに、大きなおみやげをたくさん持ってきていただきました。まごころ、ありがとうね。

カナダのニヒリストスパズムバンドのメンバー近況など聞かせてもらい、とても嬉しかった。
友は時に遠くに、時に近くにいて、そしてどこかで元気にしていることが、こちらも元気にしていようとするエネルギー源になるのだよね。
スパズムバンドの面々はそろそろ70代近くになっているのだろう。
逆に我々は、最初にスパズムバンドを日本に招待してライブをしてもらった時(1996年)の彼らの年齢に近づきつつある。

いつもまでも、なにもかもが同じとはいかないが、それでも気持ちが若いままでいられれば、それでいいのではないかな。気持ちが年をとった時、人間は本当に年寄りになってしまうのだから。


10月に新宿ロフトのイベントで、非常階段の出演が決まった。
これはちょっと気合いの入った「非常階段結成30周年記念ライブ」にふさわしい内容にしますよ!お楽しみに!

kishidashin01 at 23:10|Permalinkclip!日常 

2009年03月14日

つづく、こと

中山双葉日記、が更新されていた。
中山双葉日記

このブログは中山双葉だけでなく、現在の中山双葉バンドのメンバー2人も交代で書き込みしているようだが、今回は双葉ちゃん自身の書き込みで、3月18日発売のアルバム「つづく」について書かれている。

前回紹介したとうめいロボ・ちひろちゃんのインタビューも秀逸なアルバム解説になっていたが、こちらの中山双葉日記も、アルバム「つづく」のタイトルについて、その素敵な気持ちを彼女自身の言葉で綴ってある。
ぜひ一読ください。

中山双葉「つづく」は本当におすすめのアルバムだ。ぜひ女性に聞いてほしいなあ。
つづく
つづく



今日は占いのお店はひまだったので、先日、地獄変くんが貸してくれたコミックス「風の谷のナウシカ」全7巻を読んだ。
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」


映画はほぼ2巻目までで、その後にこんな長い話があったんですね。人間が生きるとはどういうことなのか、ずいぶん深いところまで描いてあるなあ。もちろん宗教観にまで至っているわけで、賛否はあるかもしれないが、やはり秀作だと思うよ。

地獄変くん、ありがとうね。
久しぶりに漫画を読んで、ちょっと疲れた。(笑)
小説は文字だけでどんどん頭の中にイメージが出来ていくのだけれど、漫画は絵がある分、そのイメージを脳で処理していかなければならず、かえって疲れるのだと思う。赤塚不二夫みたいなシンプルな絵は対応できるけれど、書き込んである絵はもう私はだめかもしれない。


結局は活字なのかもしれない。
そんなふうに思ったよ。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!音楽 

2009年03月13日

The Haunted Year

ジャッキー・レヴィンのライブ2枚組が発売になった。
The Haunted Year - Winter
The Haunted Year - Winter


今買っても1500円程度だが、私は前予約していたのでさらに安く、1300円くらいで買えてしまった。ライブとはいえCD2枚組で1300円は、安い。
ノルウェイとミュンヘンでのライブ音源で、なんともここちよいが、私はやはりライブよりスタジオ作品のほうが好きかもしれない。

ピーター・ハミルは新譜を出さなくなったし、洋楽で新しいCDが出れば購入するのはジャッキー・レヴィンとギャビン・ブライヤーズだけになってしまった。
タイロウくん、美川くん、ちゃんとジャッキー・レヴィンは買っていますか。

音楽はダウンロードで十分なものと、やはりモノで買うことに意味があるものと、分かれていくと思う。ノイズみたいな音楽は、ダウンロードではなんの意味もないかもしれない。やはりパッケージが必要だろうね。
流行歌やクラシックロックはダウンロードで十分、ということは、なんだかよくわかる気がする。

データとしての音楽と、データではないライブ、ねえ。
それしかないのでしょうね。



kishidashin01 at 23:40|Permalinkclip!音楽 

2009年03月12日

それぞれの世界

私がとうめいロボ・ちひろちゃんのインタビューが読めるよ、とリンクを張ったら、ギューンカセットの掲示板や、ばるるさんのところにもちひろちゃんのインタビューへのリンクが張られていて、みんな彼女を応援しているんだなあと、なんだか感慨深くなりました。

やっぱりマメにみんなのブログやホームページはチェックしなきゃね。
中山双葉日記とか、新しくなった埋火HPなんかも要チェックですよ!

JOJO広重・占いブログも、スウェーデンから更新したりしていました。またこちらも読んでください。

占いのお店・FUTURE DAYS、好評です。ありがとうございます。
近いうちに東京でも鑑定会を開催しようと思います。実は電話などで関東方面の方の何人かを占っているのですが、やはり対面の方がやりやすいんですよね。
関東方面の鑑定希望の方、今しばらくお待ちください。日程、場所が決まりましたらまたアップしますね。

この週末は大阪にいますので、鑑定して欲しい方、心斎橋のFUTURE DAYSにおいでください。
15日の日曜日はカナダから元アルケミー社員のあやちゃんが帰国しているため、ちょっとランチを一緒にするので開店が14時になりそうです。すみませんがよろしくお願いします。



kishidashin01 at 23:50|Permalinkclip!音楽