2009年02月

2009年02月28日

タワレコインストア・とうめいロボ

午前中に東京へ。
カード屋さんの常連お客さんだったHさんやMさんと会えたのは嬉しかったな。
Hさんは変態度アップしていましたが。(笑)
東京のカード屋さんはなんだか楽しそうだった。なにより。

新宿タワーレコードへ。
10Fでとうめいロボ・ちひろちゃん、ギターの添田くんとバッタリ。控え室でかんたんに打ち合わせ、セッティングしてかんたんにリハして、すぐ本番。

1)pocket
2)馬車
3)羊
4)しっぽののこり
5)雪

添田くんとあわすのは初めてだけれど、うまくいったんじゃないかな。
実は5月31日に大阪ベアーズで行うユニット・Slap Happy Humphrey 靴呂海離瓮鵐弌爾覆里任后まだ演奏曲目は1曲しか決まっていないが、今日の曲もこの3人でまた演りたいね。

お客さんはたくさんきてくれていました。50人くらいはいたかな。お客さんの雰囲気がとてもいい感じでした。みんながとうめいロボを、ちひろちゃんを応援してくれている、そんな気がしたよ。来てくれた方々、そして間に合わなかったけれど会場にかけつけてくれて私に声をかけてくれた方々、ありがとうね。
終演後、何人か私に声をかけてくれましたね。いつも「ブログ、読んでいます!」と言ってくれますね。みなさんの思い、よくよくわかっています。私の言葉を受け止めてくれてありがとう。私も君たちを受け止めますね。

今日はシャツの下に来ている黒いTシャツをちひろちゃんに指摘されて、ちょっと照れる。もう2年くらい前から、とうめいロボのライブを見に行く時とか、共演する時にはいつも同じTシャツを着用している。
これは「ちびロボ」のTシャツで、ちびロボというゲームのキャラクターのもの。このゲームの開発に知人がかかわっていたことから、数年前にこのTシャツをもらった。
とうめいロボというバンド名を聞いた時、なんだかこのキャラクターを思い出したので、なんだか自分の中だけで関連付けていたのである。

タワレコ新宿店では邦楽フロアだけでなく、ニューエイジのコーナーでも「とうめいなじかん」を推薦盤にしていただいていましたね。本当にありがとう。
このアルバムがたくさん売れて、多くの人の胸の奥にとうめいロボからの贈り物が届きますように。
そう、このとうめいロボの歌こそが、"こころの歌"だから。

ライブ終了後、あわただしく大阪へ。
機材、重かった!(笑)

towertomei










明日はベアーズでマニさん、岡野、村井くん、津山くんですね!
あ、あっこちゃんとも久しぶりの再会だ!楽しみ!

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年02月27日

うるささ指数

「新嘉手納爆音訴訟」の福岡高裁・控訴審判決が本日あり、国は総額約56億2700万円の賠償を支払え、という判決が出た。もちろん最高裁まで国は争うのだろうが、この判決についてはもちろんいろいろな問題がからみあっているので、もちろん私は被害者である原告を支持するけれども、なにが正しいかはさておいて、このニュースの中に出てくる言葉「うるささ指数」というのがすごいなあと思う。

WECPNL

航空機騒音のうるささを評価する指標だそうで、それそのものがもうあかんやないの、とも言えるような指数である。
うるさいなあと思いながら生活するのは誰だって嫌で、それは立派な公害ですよね。

航空機騒音、のことなので、非常階段のうるささ指数は、インキャパシタンツのうるささ指数は、ということを考えるのはナンセンスではあるけれども、なんとなく数値で表したくなるねえ。

明日28日は福岡でノイズのイベント「" Against 2009 " Fukuoka Extreme MusicFestival」があり、マゾンナやインキャパシタンツも出演する。ぜひうるささのエンタテインメントを体感あれ。

ノイズバンドで最高にうるさいのはSOLMANIAだと思うが、いかがだろうか。
私が体験した、今までで一番うるさいと感じたライブは、ボルビトマグースの来日公演、大阪ファンダンゴでのライブだと思う。

来週のスェーデンではボルビトマグースも一緒だ。いっちょう、爆音でかましてきますかね。


kishidashin01 at 23:58|Permalinkclip!日常 

2009年02月26日

練習、練習

来週は非常階段のスェーデン公演があり、その前にしておかなくてはいけない原稿とかあって、占いのお客さんも多数あって、バタバタ。

でも今週土曜日、新宿タワーレコードの「とうめいロボインストアライブ」に私も出演、とあって、コード譜をちひろちゃんに送ってもらったりして、仕事の合間にギターの練習したり。

私は昔は草野球の練習は試合よりも好きだったのだけれど、バンド練習とか新曲練習とかはどちらかと言えば苦手。ライブであわせながらレベルアップしていくほうだったのだけれど、今回はちひろちゃんとの一発勝負だ。
えーっと、がんばります。

というわけで、土曜日17時、新宿タワーレコード10Fにお集まりください。
とうめいロボの入場無料ライブ。CD「とうめいなじかん」を購入すると特典DVDがちひろちゃんから手渡しでもらえるはずです。ライブを見るだけでももちろん無料でOKです。

私のライブは東京ではおそらく7月ころまでありませんので、JOJO広重ファンも土曜日はタワレコへ集合、ということで、4649!

とうめいロボインストアライブ

kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年02月25日

かつての大阪

非常階段単行本のための取材の旅、大阪編。

天王寺へ。
ロック喫茶マントヒヒの跡地を訪ねる、はずだったが、アポロビルの横の「あべの銀座」やアーケードは完全に撤去され、更地にすべくダンプやシャベルカーが行き来していて、完膚無きまでに取り壊されていた。
マントヒヒのあったあたりは道路が出来ており、見たことのない建物がドカンドカンと建築されていましたねえ。

林くんの葬式に行った5年前はまだ80年代の雰囲気が一部は残っていましたが、こうも変わるとは。
天王寺、そんなに綺麗にして、どうするの。

寺田町へ。
「スタジオあひる」の入っていたビルはまだあった。
2階へ上がる階段もそのまま。
いったんはカラオケボックスが入ったようだったが、今は営業していないのではないかな。
寺田町のガード下にはライブハウスが出来ていましたねえ。
スケジュール表を見るも、知っているバンドはひとつとしてなく。

心斎橋へ。
「創造道場」のちの「スタジオワン」の入っていたビルも、まだありました。巨大なホストクラブの看板があがっていたり、スナックが入っているようでしたが、ビルそのものや階段、階段の手すりの装飾などは当時そのまま。

雨の中、ビルを見上げて感慨にふける中年男ふたり。
ヘンな光景ですねえ。


エッグプラント跡地はどうなっているのかな。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip! 

2009年02月24日

京都の追憶

京都へ。

非常階段の30年史的な単行本を出版する話があり、ライターの方と取材のため、京都へ。
私の77-82年あたり、つまり高校から大学時代に京都で過ごした跡を追う小旅行となったのだが、HIDEくんに「BIDEガレージコンサート」の話を聞いたり、どらっぐすとうあ跡地、彷徨館跡地などに赴いた。

どらっぐすとうあはカラオケスナックになっていたし、彷徨館のあったところは中華料理屋と居酒屋になっていたなあ。
でも当時あった店もまだあったりして、いろいろなことを思い出した。

百万遍交差点まで行ったので、昨年閉店した「きりん館」跡地にも行ってみた。
閉店のお知らせにすらきりん館の文字もなく、看板もなく、ここにきりん館があった痕跡はまるでなくなっていた。

そうでしたか。
そうですか。

そんな気持ちになったなあ。

kirin

kishidashin01 at 23:50|Permalinkclip! 

2009年02月23日

おもしろかった言葉

福岡から大阪に車で帰還。8時間くらいかかりますね、やっぱり。

この山口、福岡で会った人たちからいただいた言葉、語っておられた言葉、出てきた言葉から、いくつかを。


『とうめいロボの(とうめいなじかんの)1曲目のギター、いいですね。ずっとあの感じでやってくれてもよかった』
おそらく私のギターの音色についてだと思われる。山口のSくん。


『広重さんのブログから、説法に時々引用させてもらっています。この間の"橋"の話、今日の法事で使わせてもらいました』
山口の対バンの方の打ち上げでの話より。彼はお寺のお坊さんでした。橋の話は私の「橋を作っているのは政治家でも建築家でもアーティストでもない。本当に作っているのは...」と先月書いたものだと思われる。


『言いたいことは、それだけ?』
メンバーとケンカになった時に、相手から言われた言葉。福岡にてMさん。いやー、これは言い返せないですね!すごい!


『ただついているだけ!』
「生きている価値なし」という私の歌の、替え歌の歌詞より。Oさんより。なにが"ついているだけ"なのかは、みなさんで想像してください。


『えー!迷うなあ』
○○と○○○○○○とどちらかを選べと言われたらどっちを選ぶ?という問いに、Sくん。福岡にて。Sくん、迷ってはいけません。失礼です。どちらを選んでも不正解です。そんな時は『広重さんならどっちですか?』と振り返すのが正解です。(笑)



kishidashin01 at 23:55|Permalinkclip!日常 

2009年02月22日

福岡でライブ・埋火レコ発最終日

福岡へ移動。

今回ライブをする「四次元」という小屋は『ああ、大阪にこんなライブハウスがあればいいな』と思えるような、ちょうど我々のような音楽にマッチするサイズの、そして昨日に引き続き、とても音の良い小屋でした。
まだ開店1年たっていないということでしたが、きっと素晴らしい個性のある小屋になると思います。がんばってください。

<ミラーボールズ>
あ、変わってきているな、と1曲目から感心。以前はもっとピリピリした、触れば切れる/壊れるようなあやうさがあったのに、とてもエロかわいい昭和のセンスをいかしながら、誰もが実現できなかった世界を見事に完成させている。これはもうワンステップ越えたミラーボールズだと思うなあ。素晴らしいよ。

<JOJO広重>
7年くらい前に福岡で演奏した時、私は最高に機嫌が悪く、もうこれはいくらなんでもというくらいに自分でもひどい悪態を言葉と音でつきたおしたライブだった。今日の小屋のスタッフはその時の方、埋火の見汐さんはその時に私のライブを初体験だったとあって、ああこれはちゃんとその時の落とし前をつけなくてはと思っていまして、えーっと、ちゃんと演奏しました。(笑)
あふりらんぽのピカチュウも見に来てくれていたね。ありがとうね。

<埋火>
レコ発は東京、大阪に続いて3回目だが、この日が一番演奏が安定していたように思いました。「わたしのふね」という曲はライブで聞くたびに好きになっていくのだけれど、なぜこの曲名をアルバムタイトルにしたのか、わかった気がします。
素晴らしい演奏をありがとう。君たちは素晴らしいミュージシャンだよ。


打ち上げも楽しかったね。四次元のFさん、見汐さんと特にいろいろたくさん話せた。シガちゃんのツマヨウジ攻撃も見たかったけれど本日はおとなしくて見れず。(笑)

Fさんにいくつか話したけれど、あとひとつ伝え忘れた。
”どうしても選択で迷ったら、私なら自分が損をする方を選ぶようにしています。”
アドバイスになるかどうかわからないけれど、見汐さん、また彼女に伝えておいてね。

ありがとう福岡。あたたかい町でした。
また、呼んでください。



kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年02月21日

山口でライブ

山口の「オルガンズメロディ」でライブ。

湯田温泉という場所は初めて行ったけれど、思っていたよりも大規模な温泉街でちょっと驚いた。中原中也の生家もあるようで、記念館もあったが今回は寄る時間なく、残念。

オルガンズメロディは小規模だが非常に音のよい、そしてステージの上も音のバランスのよい小屋だった。オーナーが音楽のことをよくわかっていらっしゃる、そんな気がしました。

<Lily>
地元のまだ20代前半であろう二人組。もちろんまだまだ自分の音を模索中なのだろうが、新しい息吹を感じるような歌とギター、ドラムのユニットだった。がんばってね!

<シノワ+一楽まどか>
シノワは大阪で組まれたバンドだったようだが、1度も見たことがなかった。ギューンから作品を出していたのですね。今回は久しぶりのライブのようで、一楽さんの娘さんが参加されていました。アットホームな感じの音楽、身重8ヶ月のおなかをかかえてのライブ、大丈夫でしたかね。安産祈願しております。

<佐々木匡士>
こんなヘンテコですごいシンガーはなかなか世界中探してもいない!佐々木くんは持ち曲は200曲に迫ろうかという鬼才&多作シンガー。この日は16分に及ぶ長いテイク1曲と、私がゲストに参加しての2曲。あのね、絶対私よりあんたのほうがすごいです。(笑)またどこかでご一緒しましょう。

自分のライブは思っていたようにできたかな。ドラムの尾谷は、ぜんぜん一緒に練習しなくても、曲順も決めなくても、曲の構成を演奏中に変更しても、ちゃんとついてきてくれる稀なドラマーだ。さすがに今回のライブのためにスタジオで個人練習してきてくれたらしいが、いつも感謝しているよ。ありがとうね。

角にあるおふくろチックな居酒屋「かど」での打ち上げも楽しく、泊めてもらった佐々木くんの家も快適なホスピタリティ&いたれりつくせりで感謝感謝。手作りカレーも絶品にて、頭があがりません。蛍の見える時期にまた来たいな。
部屋の窓から見えた川の流れ、すてきでした。本当にありがとう。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!ライブ 

2009年02月20日

土日は女性の方もぜひ!

CDジャーナル最新号、CDレビューにとうめいロボ「とうめいなじかん」のレビュー、ブックレビューには山本精一の「ギンガ」のレビュー。どちらも好意的なレビューで、嬉しい。

毎号のように私の名前や、私の関連した作品や、私の友人や知り合いの作品のレビューが掲載されている。とても嬉しいが、さて、私の作品がなかなかDVDR作品くらいしかないので掲載されない、というのもなかなかいいね。(笑)
年末には非常階段30枚組BOXでドカンと紹介してもらおうかなあ。

で、明日は山口、日曜日は福岡でソロのライブです。
山口も福岡もめったにライブで行ける土地ではないので、近隣のファンの方、ぜひご来場ください。

この土日、心斎橋の占いのお店「Future Days」には私は出勤できませんが、女性占い師の松澤光さんが出られておりますので、営業はしております。
男性占い師には話しにくい、と思っておられるお客さんも多いでしょうから、ぜひこの土日に「Future Days」に鑑定においでください。
占いのお店・FUTURE DAYS

松澤さんは霊感も強い方なので、いろいろ教えてもらえると思います。
ぜひ男性の方も、おいでくださいね。


kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常 

2009年02月19日

人間として

道路に小さな子供が飛び出しそうになったら、「あぶないぞ!」と声をかけて、手をひっぱらないかね?


川の水が増水して子供が動けなくなっていたら、なんとか助けにいこうとしないかね?


デパートの人混みで子供がひとりで泣いていたら「お母さんは?」と声をかけないかね?


そういうことすらしない、できないほど、自分しか見えていないのかね、君は。


そんなに「自分」や「自分のこと」が大切かね。


だから犯罪や戦争がなくならないのだ。
人が幸せになれないのだ。
そういうことに、いつになったら気がつくのかね。


どんなにいい音楽を聞いていたところで、人間としてのことが出来ないのなら、音楽の意味も価値もないじゃあないか。


お前の愛は、その程度かね。
お前の「愛」とやらは。







kishidashin01 at 23:59|Permalinkclip!日常